はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『ダブルクロスリプレイ・デイズ』4感、感想

ダブルクロス The 3rd Edition リプレイ・デイズ(4)  若君・奮闘 (富士見ドラゴンブック)

ダブルクロス The 3rd Edition リプレイ・デイズ(4) 若君・奮闘 (富士見ドラゴンブック)

初期設定の時点で想定される敵キャラが多すぎるので、どこかで巻くかルールを変えてくるかは想定される所ではありましたが、思った以上に強烈に巻いてきました。結果、敵の変態がやけに、田中天さん風味に。各変態との戦闘がざっくりしすぎた感はあるので、もう少しうまく転がせなかったかなぁ。ライバルキャラが、あーいう性格、だったのは面白かったですが。
この作者(GM)の場合、ハードルが『デザイア』になるというのは有るにしても、悪くはないけど何となく物足りないのは、1巻1話、という文庫の構成が大きいと思われます。どういう事情かはわかりませんが、やはり、特殊な場合を除いては、1巻2話(以上)が、構成としてはベターなような。