はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

轟然一発グラヴィトン

id:wander_sheepさん
 >一応補足しておきますと、中盤で出てきた第二ブレイン計画は
 >ワンエイトによって早々と破壊されてしまったのです。
おお、ありがとうございます。佐原博士は一応、世界平和の為に巨大コンピュータにこだわっているとは言っていますが、ブラックタイガーとの会話シーンでの「虎の威を借るなんとやら」状態を見ると、やっぱりこの人、駄目な人だなぁ……と(笑)
 >三銃士の「鉄仮面」的な展開など色々想像を膨らませていましたが、何だかさらっとしてましたね。
やっぱり時間の都合もあったんですかねぇ。
あそこまでやったら、もう一ひねりしての大どんでん返しも見たかった気もしますが、まあ、そこまで仕掛けに凝った作品でも無い気はするので夢を見られるのがいいのかな、という気もしています(笑)
◆kanataさん
 >まさかのズバット……どうしましょう。ただでさえ視聴がおっつかなくなりそうなのに(汗)
ずばっと見るしか……! そろそろ幾つか入れ替わりますし、楽しいけど厳しいですねホント(^^;
 >てか安全装置は組み込まれてたのに、想定外の自我が勝手にそれ振り切ってましたよね……成程、ロボットが恐れられるのも無理はない……。
今回のシナリオが面白いのは、ロボットの自我をめぐる切ない話になっていると同時に、フランケンシュタインコンプレックスを刺激する、絶妙なロボットホラーになっているんですよねー。あの車は、落ち着いて考えると、実に怖い。
 >お話としては及第点で楽しめたのですけど、クライマックスでいきなり湧いて出てきたドーザーはかなり不思議でした。
あれは私も、「居たの?」と思いました(笑)
クライマックスを派手にする為に仕方がなかったのでしょうが、不思議な登場になってしまいましたね(^^;
ドーザーは、いざっていう時の機動力が無いからなぁ……。