はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『Q.E.D.』(加藤元浩)43巻、感想

Q.E.D.証明終了(43) (講談社コミックス月刊マガジン)

Q.E.D.証明終了(43) (講談社コミックス月刊マガジン)

色々な要因でじわじわとクオリティが下がり目だったところに、掲載誌の休刊→新創刊→コミックス発刊ペース維持の為の半分書き下ろし(で多分、その辺りでなんか揉めた)、と無茶をやっている内に決定的にマンガが雑になって購入するテンションが落ちていたのですが(41巻は本当に酷かった)、前巻辺りでようやく下げ止まったというか、前巻と今巻は少し持ち直してきました。
基本的に「画力」ではなくて「表現力」や「構成力」で勝負しているマンガ(家)なので、丁寧さが欠けると、きつい。
今巻は2本とも、なかなか面白かったです。
けどやっぱり、そろそろいい所で、綺麗に終わらせてほしいなぁ。
長期シリーズ化しすぎた小説作品などでもままありますが、燈馬くんと水原さんの関係が熟年夫婦化しすぎて、スリリングさが全く無くなってしまったのも地味にダメージ。そこはやはり今作の重要な味付けだったと思うので、エンドレス化が進みすぎた事でその辺りの描写がすっぽり無くなってしまったのは、勿体ない。別に恋愛部分を主軸にする必要性は全くないしそこまでは求めていないのですが、今シリーズは細かい所でスパイスとしてそういう要素を盛り込むのが割と巧かったので。