はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

「ミスターをつけたまえ、正木クン」

◆kanataさん
 >タイムリミットの歌詞からするとありそうですね、その構想。
主題歌が作品と絡んでいる必要性は必ずしもないですが、OPに比べて、『メタルダー』EDの歌詞って本編内容とあんまりシンクロしてないよなぁ……というのはちょっと気になっていたんですよね実は。……まあ、妄想ですが(笑)
 >ネロス様はメタルダーが地球破壊規模の「危険物」だと知っていた、だからこそ帝国を摩耗させてでも討伐にこだわった……
結局、打ち切りの影響もあってか、ゴッドネロス様がやけにメタルダーにこだわる理由が、完全に納得いくレベルでは語られなかったですからねー。悪い人だけど地球は守ろうとしていた、というのは面白い展開になりますね。
 >てかメタルダー死ぬんじゃないかとは、後半入ってからずっと懸念してたんですよね……。
ああ、私は逆に、そこまではしないだろなぁ、と思って見ていたのですよね……だから最後にああ来て、おお、と思ったのですが。
生き残ったゲストキャラ達が、「メタルダーの遺志を継ぐ者」として描写されるような展開は、格好いいんで見たかったですねぇ。
 >考察おおむね同意なのですけど、本来の予定においてメタルダーが自爆するはずだったかは微妙なところ。
 >この番組、特攻精神そのものに対しては、どちらかと言えば若干(本当に若干)批判的な立場だったように感じるのですよ。
基本的にはフィクションとはいえあまり肯定的に書くものではないと思うので、物語としては、よろしくないと思うんですよね(^^; 構成的にはその方がスッキリしてしまうかな、とは思うのですが。
帝国との戦力比を跳ね返す為にメタルダーは自爆を選ぶ……守りたい存在の為に命を代償とする事で亡き古賀博士の息子と完全にシンクロした流星は、紛う事なき“人間”としてその生涯を終える……とか今ふと思いついてしまったのですが、後半薄くなってしまった“戦争”というテーマに本来高久さんがどこまで踏み込むつもりだったかは、気になる所ではあります。
 >メタルダーソルブレイン・キョーダイン・バイオマンにはどうやら、通しのテーマがあったようです。
おお、なるほど! 確かに『バイオマン』は妙な順序で配信されていたなーと思っていたのですが、ロボット人間の帝国と戦う話ですし、凄く納得です。シルバとメタルダーは、完全にハカイダーキカイダーの系譜ですしね〜。
そして『ソルブレイン』世界が行きすぎると、『17』のブレインを産む、と(笑)