はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『世界忍者戦ジライヤ』登場人物紹介(試作版)

HTML版を作る時用の、叩き台。
◇山地闘破/ジライヤ
職業、フリーター。或いは正しい意味での自宅警備員。しこうしてその正体は、「戸隠流正統・ジライヤ!」。好青年の皮を被った修羅に生きる忍者である。
1話を見る限りでは忍術修行にはそれほど真剣では無かったようだが、それでもロープウェーの上で格闘戦を演じてみたり、ロープ一本でビルの壁を上り下りしたり、常人離れした運動能力と技術の持ち主。ジライヤスーツを身につけ、大宇宙の秘宝パコを守るという戸隠流の使命に覚醒してからは戦闘面でも完全に覚悟完了しており、その斬撃には微塵の躊躇いもない。持って産まれたセンスもあるかもしれないが、げに恐るべしは戸隠流の教練といえる。或いは、睡眠学習装置で仕込まれていたのかもしれない。
山地家の長兄であるが養子であり、血の繋がりは無い。その為か、哲山に向かって「やっぱり血の繋がった娘には甘いんだ」などと愚痴る場面もあったが、基本的には父には敬意を払っているようであり、妹・弟想いの、良き兄である。山地家の家事全般を担当。よくよく考えると養子を取って忍者として仕込むとか、どこの武装ゲリラで哲山どれだけ鬼畜なのかという話であるが、この話題は黒いので危険。
ジライヤスーツはいわゆる瞬間的な「変身」ではなく、あくまでスーツを手ずから装着するという描写が入るが、あのかさばるスーツをどうやって持ち歩いていたのかとか、結局早着替えに代わりは無いとか色々と問題もあり、要するにつまり、忍法って素晴ラシイ!!
ジライヤ状態での必殺技は、「磁光真空剣・真っ向両断!」。磁光真空剣を輝かせられる(レーザー刀モード)のは、現在確認されている限り、闘破のみであり、その出自には謎が秘められている。
2.5枚目の主人公の特性というか、女性には弱い模様。
◇山地哲山
「武神館」という忍術道場を経営する、戸隠流第三十四代宗家にして、山地家の家長。世界的に知られる凄腕の忍者であり、厳しくも暖かく子供達を鍛え見守っている。世界各地に弟子が居たり妙なコネクションがある模様。高名な忍者ではあるが、奇想天外な忍術にはたよらず、もっぱら鍛え抜いた武術とえげつない謀略で戦う。得意武器は杖と手裏剣。趣味は盆栽。えげつない、とにかくえげつない。
◇山地ケイ/姫忍・恵美破
山地家の長女。闘破に対して何かと厳しいが、血の繋がらない兄を憎からず思っている様子もあり、心の底では強く信頼している。頭の回転が速く、忍術に達者で、若年ながら眠り薬の忍術などを使いこなす。体術はそれほどでも無いようだが、紅牙の攻撃をしのぐ程度の実力は持っている。
◇山地学
山寺家の末弟。日本刀が気になるお年頃の小学生。正義感が強く、行動的。忍者としてはまだまだ未熟だが、兄や姉を手伝いたがり、しばしば妖魔一族との戦いにも首を突っ込む。
◇柳生麗/貴忍・麗破
「ある時はジライヤの味方、ある時はジライヤの敵」と名乗りながら、ジライヤに仕事の一部を押しつけていく、レオタードにバイザーが珍妙な女忍者。その正体は裏柳生の忍者にして、国際秘密捜査官。割と大物助っ人外国人選手ぽく登場したが、戦闘能力は紅牙と互角程度であり、大した事はない。緑色に光る不思議な瞳を持ち、闘破はその輝きにどこか懐かしさを覚えている。素顔はけば……げふげふ、派手め。
◇飛鳥竜/槍忍・突破
麗破と同じく、国際秘密捜査官の肩書きを持つ忍者。紫色の忍者装束がトレードマーク。
◇鬼忍・毒斎
大宇宙の秘宝パコを求め、その在処をしめすボードの半分を持つ男。かつては哲山の友人であったが、ボードをめぐって袂を分かち、現在は自ら「妖魔一族」と名乗る忍者集団を率いている。名前は大袈裟だが、実態は社員3名(+カラス天狗)という家族経営の零細企業である。忍者としての腕は確かなようだが自ら前線に立つよりも、策を弄する事を好み、非道にして卑怯。ただし娘には甘い。かなり甘い。基本的に全身から漂うのは溢れんばかりの小物臭であるが、飯塚ボイスが全てを誤魔化しているのは、たぶん、忍術。
◇蝶忍・紅牙
毒斎の娘で、妖魔一族の前線指揮官とも言える女忍者。戦闘力はさほどでもないが、変装の達人。光り物を好む。意外とヒロイン気質。
◇星忍・烈牙
縞縞忍者服がトレードマークの、妖魔一族の忍者。額の手裏剣を飛ばす他、弓矢が得意。
◇カラス天狗トリオ
妖魔一族の雑魚忍者。雑魚といっても立派な忍者であり、相手が一般人であればサブマシンガン装備ぐらいでもあっさり倒してみせる程度の能力を持っている。忍者ではあるが妖怪(妖魔)でもあり、背中の翼で自由に空を飛ぶ事も可能。また、磁光真空剣で真っ二つにされても、爆弾で木っ端微塵にされても、1週間後には何事も無かったかのように復活している。
本作のコメディリリーフにして、やられモブ。