はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

哲山はある意味で着ぐるみだから強いのか(おぃ)

◆kanataさん
 >突破も縞々さんも、出てきた時点じゃかなりのツワモノっぽかったというのに(ーー;
一番割りを食ったのは、ダルマ落とし的に“多分カラス天狗よりちょっと強い”ぐらいまで落ちた突破ですかねー(笑) 世界忍者と因縁を持たせて少し持ち上げようとしてみましたが、いざ戦ったらすぐにやられてしまった為、ますます暴落(^^;
 >役者さんが本物の忍者宗家で監修役の兼任てことは、ここまで動かす予定の配置じゃなかったろうと思うんですが。
そうですよねぇ……バランスブレイカーな戦闘力、本業役者でない方に演技をさせて声を吹き替えるという面倒な仕様(制作的には珍しくないとはいえ)、など考えるとこんな目立つ予定ではなかったと思うのですが。しかし父さん無双は確実に作品を面白くしているという(笑)
 >麗破のあの頓狂なバイザー、もしや「目」を隠してるんでしょうかね?
ああ、多分、そうなんでしょうねー。わざわざバイザーを持ち上げる演出を入れていますし。
 >アナログに着替えるジライヤスーツの発想自体はちょっと好きでした。
変身の縛りという点では、後の「着化」に繋がる……のかもしれない、と思うと面白いですね。無理がありすぎて縛りになりませんでしたが(笑)