はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

初めての『ビーファイター』

今週から配信開始の『重甲ビーファイター』1話視聴。
異次元からの侵略者、首領と3人の幹部、景気良い大爆発、それに立ち向かう選ばれし3人のヒーロー、と物凄くオーソドックスな造り。ヒーローが3人一組という事も含め、ほぼ戦隊フォーマット。
ちょっと変わった点としては、いきなり新宿都庁が占拠されている事。早い内に取り返すのか、このまま敵の前線基地にされたままなのかが気になる所であります。
前後の作品も全く知らないので何とも言えませんが、この頃はデザイン面除くと戦隊との色分けに苦慮していた頃なのかなぁ……この時期だとメタルヒーローが日曜朝で、戦隊がまだ金曜夕方なので、そういう意味での守備位置分けはあったのでしょうが。
メタルヒーローとしては、異次元からの侵略者に、露骨に魔空空間と、主人公達がチームである事を除けば、かなり原点回帰を意識した設定。
ヒーロー3人は、これで人気が出なかったら絶望するというレベルの、昆虫全開のデザインですが、ビー系?としてシリーズが続いた事を考えると、成功したのか。
人間の開発したメタルスーツに、昆虫の力が加わって、若干の意志を持つ特殊スーツである、というのは面白い所。スーツが変身ブレスから展開するのも、武器がいきなり現れるのも、不思議昆虫パワーという事で、まとめて理由付けされてます。
やたら順応性が高く、凄く普通に昆虫と意志疎通している主人公達がちょっと怖いですが。
この人達、人間と自然だったら、自然選びそう、みたいな。
にしても、ブルービート、ジースタッグと来て、レッドルって、なんか酷い。
メガシルバー好きとしては金井茂(片霧大作/ジースタッグ)さん見ているだけで割と楽しめてしまえたりするのですが、この年末年始で続々入れ替わる予定の次期配信作次第といったところか……。