はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

事件は現場で起きている

◆kanataさん
 >東条さんは正直、事後に駆けつけて後始末する役の方が良かったように思います。
出番が少なすぎて可哀想ではありましたが、出番は増えるとなんだかなぁ感が増えて困りますね(^^;
 >現行犯で暴れてる連中を、どうして逮捕してませんか東条さん(−−;
それは東条が、無能だから!(おぃ)
……いやまあ、ここまで見ていると、東条は無能としか思えません(笑)
本庁のエリートが大きな顔して地方の事件に首を突っ込んでいるので、現地の警察からは物凄く嫌われて足を引っ張られまくっているという可能性もありますが。
 >おまけに真のメインはゲストの姉弟であり、彼らもきちんと魅力的に描き切っているというのだから、凄い。
扇澤脚本がキレている時は、本当に巧いですねぇ。『ジライヤ』にも参加しているようなので、楽しみです。
 >野獣化の部分に軸を絞るべきだったと思うのですが、人狼ネタはポンドさんで使っていたから超兵器開発にしたんでしょうか……。
多分もともとは超兵器が軸だったのが、演出の都合で派手にしている内に人狼ネタが大きくなりすぎたのかな、という気がします。何にしろ、とっちらかった話になってしまいましたが(^^;