はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

爆発!科学戦隊ダイナマン!!2

とりあえず、登場人物を覚えよう。
赤/弾北斗:二枚目だがセンスが残念な剣道家
黒/星川竜:宇宙人と会いたい忍者。
青/島洋介:南の海から来たサーファー。
黄/南郷耕作:ラーメンを愛するカウボーイ。
桃/立花レイ:お美しい。……というか何の研究者か忘れました。
博士/夢野久太郎:謎の訳知り博士。
博士とかほぼ間違いなく、「夢野久作」から来ていると思うと、なんだか怖い。
−−−−−
改造バイクで黒煙を撒き散らしながら走る北斗。
「まったく、非常識なやつがいるもんだなぁ」
と、街の人から超不評。
加えて悪い事に、コウモリシンカの毒ガス攻撃のタイミングと重なり、街の人々に突如現れた陽光を浴びられないという奇病の原因にされてしまい、発明センターまで含めて非難の的に(笑)

「みんな、どこ行っちゃったんだろう?」
「逃げちゃったんじゃないのかなぁ?」
「でも、騒ぎをおこして、責任をとらないなんて酷いわ」

発明センターに集う子供達、きっつい(笑)
キャスティング(費用)の問題があるのでどこまで常備化できるはわかりませんが、“夢野発明センターに遊びに来る近所の子供達”という設定で、常に子供達との接点が存在しているのはいい所。色々な事件の導入に使えますし、子供の視点を提供できる。加えてこうやって、少々風刺的にも使えます。
地下に潜ったダイナマンはコウモリシンカの撒き散らした毒ガスを分析し、そのアジトを突き止める。
「さすがはダイナマン、よくかぎつけたな!」
と、その前に立ちはだかる王子。
定番の「まさかダイナマン、どうしてここがわかった?!」ではなく、自分のプライドを守る為に、相手を讃える王子、素敵(笑)
加えて、赤とは拮抗するも、青は軽く蹴散らすシーンが入りました。
良かった、王子、本当に良かった。
冒頭で父王に怒られて尻尾がしゅんと下がるとか、王子面白株は上がりっぱなし(笑)

「この世にダイナマンがいる限り、この緑と太陽の世界は貴様等には渡さん」

3話のアクションシーンでは、バイクとジープで雑魚を蹴散らす、と順序立てて見せてきます。
そして、爆発。
あとダイナロボの内部から映像で、足下の二人(黄・桃)からはちゃんと足下しか見えない、というのは細かくいい所。席としては凄く嫌ですが(笑)
最後は分析したガスからダイナマン達が特効薬を作り出して人々は治療されて大団円、と5人が科学者であるという設定が強調されつつ活かされるのですが、しかしあれだと、自分たちの不始末を自分たちで処理しただけで、ジャシンカ帝国が原因だと立証できないような(笑) つまり、街の人々は彼等にお礼を言う必要が無いどころか、賠償を請求して良いと思います(おぃ)
まあでも夢野博士、きっと物凄い資産家だから、たぶん大丈夫。
ところで今聞くと、追跡シーンの音楽がジャズ。
て、名前がなんとなく覚えあるなぁと思ったら、音楽は『快傑ズバット』と同じ人(京健輔)だったのか!
第4話は、お約束後楽園ゆうえんち回。
ラーメンの研究にいそしむ南郷、開始2分でサンヨウチュウシンカに化石にされてしまうの巻。
カー将軍の進化のスープ、「節足動物三葉虫綱!」とか読み上げていくのが毎回格好よくて好きです。今回、すでに滅びていて短かったけど(^^;
ダイナマン達と同じタイミングで地下基地に向かった筈なのに、既に着替え済みで待ちかまえている夢野博士の謎は、ますます深まっていく。島田順司さんが表情をきりっと変える事で、どちらかといえば頼りない感じのおじさんが、段々格好良く見えてくるのは、さすがとしか言いようがありません。
他のキャストでは今のところ、元ゴーグルブラックをあえて連続起用しただけの事はあるというか、星川竜/春田純一が実に目立ちます。そのまま格好良くしてしまうとあまりにも扱い良すぎるので、コメディ要素を強めているのでしょうが。
ダイナマン、五人の戦士が居る限り、地上を化石の荒野にはさせない!」
と、今回の名乗り。毎回、敵の作戦に合わせて違う前口上をつけるのでしょうか? その内ネタが尽きそうですが、格好いいので、出来れば続けてほしい。
今回のメギド王子語録:
現場で剣を研ぎながら、
「尻尾がうずくぞ! 切られた尻尾の恨み、今こそ晴らしてやる!」
一人足りないのに気付いて、
「おかしい、やつらは5人のはず。なぜイエローが居ない」
にこにこ顔で父上に報告。
王子「ダイナイエローが居ないという事は……」
将軍「メギド王子、良い所に気付かれたようですな!」
実際に幼年時に勉強を教えていた設定とかありそうですが、王子と将軍は、出来の悪い中学生とそれを教える家庭教師みたい(笑)
……しかしもう、メギド王子が何喋っても面白くて、まずい(笑)