はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

爆発!科学戦隊ダイナマン!!5

第9話。
どうでもいい話ですが、各人の頭にそれぞれ、
DR・DB・DB・DY・DP
と刻んであって、ブルーとブラックが被っているのが気になります。
どうして被っているのに、こういうデザインにしたのだろうか、というか。
子供達の頼みでモトクロスレースに出場する事になった弾。
メギド王子、にやにやしながらその大会ポスターを持ってくる。
すっかり弾北斗=ダイナレッドは帝国でも認識されているらしい。……まあ、あれだけ堂々と名乗っていればそれはそうか、ですが。
王女の登場に対抗心を燃やすメギド王子は、北斗を罠にかけ、ダイジュピターを手に入れる作戦を立案。
「ぽっと出のおまえなどとは、戦いのキャリアが違うわ!」
王子、すっかり小さくなってしまって、王子……。
レースシーンは、10人ぐらいのモトクロスレーサーを集めるという、多分ほどほど金のかかった回。
ナレーション「たちまち弾北斗は、2位以下を一周以上引き離し、ぶっちぎりのトップに立った」
……え、大丈夫、違法改造とかしてない?
ところが、ぶっちぎりすぎたのがあだとなり、ルートを示す矢印を変えられ、北斗は進化獣サソリシンカのもとへと誘き出されてしまう。バイクに腕を鎖で繋がれ更に時速20キロ以下で爆発するサソリ爆弾を取り付けられ大ピンチ。
北斗を人質に、ダイジュピターを渡すように迫るメギド王子。
王子「爆弾というものは無線で爆発させることもできるのだぞ!」
って、なんとなく、富野台詞(笑)
竜と洋介はカートでバイクと併走し、時速20キロを維持したまま爆弾の取り外しを試みる。最後は竜がバイクに取り付き、引きずられながら解除。走るバイクの後部に飛び乗ってみせたり、今回は赤回と見せかけて、黒回という作り。しかしこの期に及んでも、苗字で呼び合う関係です。
崖の向こうで爆弾が爆発したのを見て、高笑いする王子、
「ふはははは、レッドは死んだ! さあ、ダイジュピターを渡せ!」
いや王子、人質死んだら渡す理由が無いんですが。
だが、そこへ姿を見せる、レッド、ブラック、ブルー! 3人はイエロー、ピンクと合流し、サソリシンカを撃破。北斗はレースに復帰し、見事に優勝を果たすのであった。
さすがに、あれで北斗が優勝と言われても、素直に頷けませんが(笑)
第10話、ジャシンカ帝国、地上の宇宙人騒ぎに乗じて、エネルギー吸収作戦を発動。
人間どもの宇宙人観に合わせてタコシンカを作るカー将軍、素敵。
あれ……北斗以外は、「竜さん」って言ってる?
途中で本当にUFOが出てきてクライマックスでは重要な役割も果たすのですが、「未知との遭遇」については一切の説明もフォローも無し、というすさまじい潔さ。
というか多分、ゴズマかメスの先遣調査隊だと思うんですが、あれ。
そしていつの間にか(前回から?)EDに、そっぽをむく王子と王女の図、が入っている。
どこまで萌え路線なんだ王子……。