はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

偉大なる改革の犠牲者、首領L

◆kanataさん
 >もっとも今さらやっと「ズバットの正体を見極めた」とか言ってるこの人は、処分されて仕方なかったのかもしれません(−−;
 >最悪でも二択というか、どう考えたって一人しかいなかったでしょうよ……あなたの持ってる情報からは……!
あれだけ首領Lが個人面談を繰り返しているのに、各支部長の間でズバットに関する情報がほとんど共有されていないところなどを見るに、巨大になりすぎたダッカー組織内部では腐敗が横行し、事なかれ主義が蔓延し、休暇届を出すだけで5つの部署をたらい回しにされ、社会主義国家のお役所仕事のような覇気のない労働環境のもと、硬直化し壊死した組織はまともな情報伝達網が機能していなかったのかもしれません。実は、ダッカーは悪の秘密結社の姿を借りて、現代社会を痛烈に風刺していたのです……!(てきとー)
……首領Lが無能だった事だけは、間違いありませんね(笑)