はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

戸隠流宗家、その血塗られた歴史

◆kanataさん
 >山路一家は……少なくとも、闘破とケイは……あんまり悪いことしそうにないので世界はとっても平和なのですが。
戸隠流の戦力が凶悪になっていくにつれ、ああ、闘破はとっぽい感じで良かったなぁ……と。
 >ことに謎なのが「通信機能」で、いったい誰とどうやって通信するのかずっと楽しみにしてるのに披露してくれません(笑)
 >……無難に考えるなら信号弾、とかですかね……?
カートリッジを交換して……とか言っていたので、信号弾とかぽいですよね。カートリッジ交換しているのも見た事ないですが(笑)
『エクシードラフト』の手帳兼通信機みたいな感じで、同型の銃を持った宇宙忍者(?)と急に通信しだしても面白いですけど。
◆divoさん
 >戸隠流の先輩たちが出てきたり、世界忍者も殺されずに生き延びて再登場する、敵というよりライバルの一人というほうが
 >しっくりくるキャラも少なくなかったり、ヒーロー物かつ山路家・戸隠流のファミリードラマという印象ですね。
闘破を未熟なヒーロー、哲山を父親にして師匠、とする事で、バランスブレイカーである哲山の存在が、うまく転がりましたよねー。
ファミリードラマになっているのは、実に面白い所だと思います。