はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

春の新アニメごく短評2

◇『翠星のガルガンティア
Aパートの戦闘シーンがあまり面白くなくてどうなる事かと思いましたが、Bパート入ってからはぼちぼち。まあ、異文化コンタクトもので、入りから面白く作れなかったら相当ですが(^^;
戦闘シーンが面白く感じなかったのはたぶん私が、アニメーションにおいて物語の乗らない戦闘に興味が無いから。
作品の背景の説明でもあるし、のちのち、物語の中で効いてくるのだろうとは、思いますけど。
言語解析中のコンピューターによるスラングの説明は面白かったし、かなり意図的に盛り込んでいるとおぼしきSF的なギミックを含め、うまく転がっていく事に期待。主人公が最初に船の中で空気の匂いを気にする辺りは秀逸。とりあえず2話も見てみたい。
にしても、女性キャラがえらく安産体型だなぁ。