はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

走る走る俺たち

◆kanataさん
 >前作どころか、今作でも囮捜査をやってたような。隊長が、赤いスペード崩壊させる時(−−;
そういえば(^^; 逆に考えると、やはり本部長と隊長は、日本の警察ではなく、インターポール所属という事なのでしょうか。強引ですが。
 >あー……だから、耕作が主人公だったんですねっ!!
あと耕作はどうも、家庭環境で苦労した?為か、逆境に対して精神的に強いという設定なのかもしれませんね……その辺りが、出世コースを外れたイヌイが悪に堕ちるのが理解できなかったり、再会した時のイヌイの軽い厭味に気付かない、という描写にも繋がっているのかな、と。
 >有線も通じなくなってるからってことなんでしょうね。……都市機能どころか、日常生活の維持すら崩壊しそうな超兵器です(汗)
被害額がとんでもない事になりそうで、エクシードラフトが責任の所在をうまく産業スパイグループに全て押しつける事を願ってやみません(笑)
 >それこそ台無しもいい所なんですけど、拳は場面の間で普通に連絡取って位置情報を知らせたんじゃないですかね。
やはりそういう解釈で、拳が名取を走らせたのは、勝と一緒に逃がす為の方便、と見るのが妥当ですかね(^^;
敢えて「逃げろ」と言わなかった意味というのは十分にあるので、今回に関してはそれでもいいかなーと思いはするのですが。
id:wander_sheepさん
 >名取がふらつきながらも走る場面は、ジェットマン最終回のBパートをつい思い起こしました。
ああなるほど、オマージュっていうのはあったかもしれないですねぇ。
若松さんの役柄的にも、凱を引きずった感じになってしまいましたし。