はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

帽子の人の脳内通称は金田一(耕助)

◆kanataさん
 >今度は「見た目にもエグイ虐殺行為」で、かつ「同胞な上に敵ですらない非戦闘員を惨殺“させられた”」ことが痛かったのでしょう。
 >裏を返すとこれもまた、レドの身勝手な倫理観であるわけですが。
どうもその辺りの、レドの旧文明の人類に対する、距離感と倫理観がピンと来なかったのですよねー(^^; これは多分に、私の感性の問題もあるかとは思うのですが。
レドが兵士としてのアイデンティティの崩壊を感じる一方で、チェインバーがマシンキャリバーのアイデンティティの保持を土台に、人類の定義と生存闘争の必要性を語る合わせ鏡になっている辺りなんかは、面白いのですけど。
 >愛理さんの件はイマジンたちと無関係で、単純な記憶喪失の類なのかもしれませんけど。
良太郎の反応を見る限りは、物語の開始前からの状況で、心因性(?)の部分的な記憶障害とかっぽいですね。
未だ語られない(スルーされている)「特異点」についても含めて、良太郎ばかりでなく愛理さんも物語の重要なキー、という可能性もありそうですが。
 >「タイムトラベラー視点での観測時間軸」は言及しちゃうと物凄くややこしいので、さすがに扱わないような気もしますしね。
一応「現在」を固定しないと、複雑になりすぎますものねぇ……毎度「過去」に出てくる帽子の人が、ちょっと怪しいですけど。
◆橘まことさん
 >蚊対策
なるほど〜、参考にさせていただきます。
 >三浦&尾崎に対しても、大林に対してもそうですが、この回だけ普通の人っぽいんですよね(^ ^;
恐らく監督の「この方が面白いかな」という判断もあったのかとは思うのですが、“リアクションが明後日”というキャラは、なかなか使い方が難しいですね。今回だと愛理さんが大林に「それ、何ですか?」と平然と聞くと話が終わっちゃいますし(笑)