はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

二刀流の男

〔大谷劇場だ!初V打、投げた、もめた…降板後はライト守った/スポニチアネックス〕
〔【日本ハム】ナインは「投手支持」大谷の将来を30人がぶっちゃけ投票/スポーツ報知〕


本紙では日本ハムのナイン、関係者30人に対し、「第1回大谷二刀流総選挙」を実施。結果は投手18票、野手2票で、投手・大谷に軍配が上がり、二刀流は3分の1の10票を集めた。
二刀流に「10票」入っている所にも注目すべきではありましょうが、概ね、ローテ厳しいからなぁ、という実に現実的な。
プロというのは、チームが勝ってこそなので、そうなって当然かとは思いますが。
興業だから夢も希望も大事だし、大谷に能力があるのはもう間違いないだろうとして、今の大谷の起用法がチームの勝利へ貢献する形として、モアベターなのか、というのはどうも考えてしまうところ。私は日ハムのチーム事情には詳しくないので何ともですが、能力があるからこそ、そろそろ大谷のより適切な起用法の決断というのが求められる頃なのかな、と(今の形がそうであるという信念がチームにあるなら、それは否定しない)。また一方で、夢と希望の為に個人を生け贄にするような事も避けてほしいなぁ、とは思う。大谷の夢と希望と合致しているならまた、それはそれで構いませんが。