はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

1968年といえば、ベトナム戦争の真っ最中か……

◆橘まことさん
 >テンションがあがりやすいソードには爆発力が期待できる、のかもしれません。
基本フォームなので、一応のスペック的には、バランス型なのですねソード。
実際こう、テンションによる勢いとしぶとさが最大の武器のような気がしてきました(笑)
Beniさん
 >「俺の必殺技」の種類がどんどん増えていくところを見ると、「技のソード」なのかもしれません
「技のソード!」「力のアックス!」「言葉と嘘のウラタロス!」
……あ、なんかそんな感じに(笑)
◆わむさん
 >シナリオもちゃんと練り込まれていて(あるいはシリーズ中のガジェットを上手く帳尻合わせていて)しっかりできとる!
予想外にきちっと繋げてきて、正直ビックリです。
この当時は、物語としてはおおむね終盤だけ盛り上げればいい、という事情はあるにしても、熱い展開になりましたねー。
 >あとは資金源がなあ……レトロウイルスを某東側と取引したりして前金で金塊もらってたとかw
どう想像しても、そういう後ろ暗い事しか思いつかないんですよねぇ(笑)