はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

胡散臭い道

◆kanataさん
 >身代わりロボットのオチは、直近の黒い水曜日さんが良かっただけにがっかりでしたね。
欲張って色々絡めすぎた上に、何も盛り上がらなくなってしまったという。
挙げ句に次回で、「心とか簡単に救えないよね?」とか、隊長!
 >結局エクシードラフトですら、人の心は救えないまま終わりというのは残念でしたけど。
 >予告を見る限りではこの話が、事実上の最終エピソードでしょうしねえ……。
特撮刑事ドラマとしての最終回、という感じになりましたね(^^; 結論はともかく、内容自体は扇澤さんが綺麗にまとめてくれたので、まあ良かったかな、と。
 >答えの出せない問題だろうと、あくまで出そうと足掻いてくれなきゃヒーローとしては失格なわけですが。
やっぱりこう、踏まえた上で、理想論でいいからシリーズとして一つの答を見たかったのですよねー(^^;
作品そのものが、理想論を許せなくなって、自縛に陥ってしまった、という感じはどうしてもする所です。
 >シリーズ中盤以降、こと終盤の支離滅裂などうしようもなさを加味したうえでなら、ラスト二話はそこまで悪くもありませんでしたね
一応、使うものは使ってまとめましたねー。ガラを拾ってくれた事には、スタッフ最後の良心を感じました(笑)
コウと亀夫はもう、どうしようもないとして(^^;
追加戦士に関しては実験要素が強かった頃でしょうから、弁護の余地のある所ではありますが。
 >で、最後の最後まで迷惑な人だった道士カク……。
んー、なんかホント、スタッフの中では道士はどういう扱いだったのですかねぇ……(笑)
信頼で結ばれた格好いい長官を描いているつもりだったのか、つもりはなかったけど、話の都合だけでああなったのか(^^;
◆divoさん
 >むなしい戦いの運命を悟りつつも、とりあえずは孫の活躍に大喜びな完全に老いたヒーロー(と乗る人間を替えても、
 >いつもどおりに圧勝する大連王)は、なかなかえげつない構図だなとは思いましたが。
仕込みはえげつないですね(^^; ただそこを薄暗く匂わせてしまうと、視聴後の感触がどんよりしすぎるので、おそらく監督の意向だとは思うのですが、表向き明るくしてくれたのは良かったかなーと。
 >せめてシャダムより格上の王位継承者を新キャラで出せてれば、道士の奇行の違和感を何割か軽減できてたんじゃとは思うのですが。
王位継承自体が、土壇場の適当なネタもいいところでしたからねぇ……(^^;
ベースは定番悪の幹部のシャダムが、どうしてあそこまでちぐはぐになってしまったのかも、謎といえば謎。