はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

月は無慈悲な夜空の女王

デウスエクス』てきとープレイ日記5。
カプセルホテルみたいな所を漁り回っていたら、お金がそれなりに増えました。
ひゃっはー。
大事なお金を枕元とかに置きっ放しにしておくのが悪いのです。
(ゲーム的にはダンジョンの宝箱みたいなものなので、仕方ない)
ちなみに、座っている人の隣の机に置いてあるクレジットチップ(お金)なども抗議されずに堂々と回収していけますが、たぶん、ジェンセンさん、見た目ごついから。
ギャングっぽい人の近くでコンピュータのハッキングとかしようとすると、いきなり撃ち殺されますが。
ジェンセンさん、実はアルミだから。
というわけで相手を撃つ時は、出来れば物陰に潜んで背後からこっそりヘッドショットで!
この際、武器にサイレンサーがついていると望ましい。
そんなこんなで売春宿のトラブルを解決する為、ぷしゅぷしゅとチンピラを始末して下水道に沈めるお仕事。……や、近くに下水があったのでとりあえず死体を隠そうと運んでみたら、見事に汚泥の下へ沈んでいきまして、プレイヤーがビックリしたとか。
監禁されていた娼婦(ゲーム中、普通にこういう表記)を助け出し、これにて一件落着かと思いきや、更に追加で、売春宿を取り仕切っている悪漢を始末する事に。……や、依頼者が悪党と主張しているだけで、本当にそうなのか裏は取ってないんですが! ジェンセンさん、そんなスキル無いし!
基本、先に頼まれた仕事を成り行きで唯々諾々と受けるので(断れるが、断るメリットが今のところ特にない)、ジェンセンさん、危険。
当方、貰えるもの(経験値&金)さえ貰えれば、どんな汚れ仕事でも異存はございませんが。
その内、対立する派閥のどちらかから依頼を受ける、みたいな展開もあるのかしら。
そんなわけで、ギャングを屋根から放り投げたり、民間人を背後からスタンガンで気絶させたり、トライアドと繋がりのある高級クラブに女子トイレから忍び込んだり、ジェンセンさん、上海でも大活躍。
会社のお仕事もようやくこなし、いよいよ……という所で、同僚のヘリパイロットの態度がどうもおかしい。
ヘリパイロットのマリクさん(女性)は、半年前の襲撃事件について厭味を言わない、改造された姿を見せても変な事を言わない、割と危険な場所(地元マフィアの持ちビルの屋上とか)に平然と乗り付けて回収してくれる、と、ここまでの登場したNPCの中で最もジェンセンさんに優しく、かつ信頼できる人なので、相談に乗ってみる事に。
というか、ちょっと水を向けたら、いきなり深刻な話に。
「ひょっとして……俺はもう、巻き込まれているのか?」
これまで淡々と仕事をこなしているだけだったのに、個人的な事情がからんだら、予想外に強引だ! 今日から、姐さんと呼ぶ事にしよう。
かつてこの上海に住んでいた姐さん、その時に親友が“事故死”したのだが、地元有力者のどら息子による殺人が、隠蔽された形跡があるのだという。長くその事件を密かに追っていた姐さんに協力し、真犯人であるどら息子を追い詰めていくジェンセンさん。
というか、アパート侵入しろ!とか(トライアドと繋がりのある)高級クラブで遊んでいるから脅迫してこい!とか(トライアドと繋がりのある)高級クラブでハッキングしてこい!とか、姐さんが超ノリノリ。お陰でハッキング後にクラブの用心棒に囲まれて3度ぐらい蜂の巣になりました。
最後は姐さん、「上海風の正義をお見舞いしてやる」と、ハッキングした(トライアドと繋がりのある)クラブの看板に、どら息子は殺人犯、という写真付きデータを流す、という大暴れっぷり。……もしかしなくても姐さん、ジェンセンよりハッキング能力高いのでは(^^;
……というか上海上陸して数時間で、地元の闇社会の人間の顔に泥を塗りたくりまくっているのですが、もう、二度とこの街には遊びに来られそうにない……。
幾つかの寄り道を片付け、いよいよサリフ・インダストリーに侵入したハッカーを追い詰めたジェンセン、その背後の雇い主を知る。ところがなんと、その雇い主がハッカーを消す為に送り込んだ特殊部隊がホテルを急襲! 敵は地元最大の企業にして、サリフのライバル企業の一つ、タイロン・メディカル!
売春宿の元締め→地元マフィアと繋がりのある裏社会の顔役→世界的大企業
と順調すぎるバージョンアップをしていく敵対者、果たしてジェンセンはこの虎口を脱出する事が出来るのか。
次の上海訪問を心配している場合ではなくなってきた!