はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

復讐都市

デウスエクス』てきとープレイ日記8。
久々に戻ってきたデトロイトは、暴動の真っ最中。
序盤から伏線は散りばめられていたのですが、この辺りから徐々に、オーグメンテーションへの拒否反応がない(定期的な投薬を必要としない)主人公の肉体の秘密、が物語の中心へクローズアップされていきます。
はっきりとは言われないのだけど、色々と情報を集め物語を進めていく中で「あれ? そういう事なの?」とプレイヤーが何となくわかっていく、というシナリオの進め方は興味深い所。
そしてボスの口から飛び出す、
イルミナティ
という単語。
て、そっち方面に話飛ぶのっ?!
一連の事件の背後に潜む巨大な闇……その存在を感じながら、ジェンセンはさらわれた元彼女の手がかりを求め、ある男の行方を追う。……そこから色々あって、舞台は再び上海へ。しかし罠にかかり、ヘリを撃墜され、良き相棒であったマリク姐さん、死亡……?
これはかなりショッキング。
あんまりショックだったので、上海で関わる敵は皆殺しモードを誓うプレイヤー。
アダム・ジェンセン、これより修羅に入る――!
今更ですが、ここまでの改造状況。
−−−

  • 《ハッキング:強制占拠5+》:レベル5(最高)までの端末をハッキング可能。
  • 《ハッキング:ターレット制御》:セキュリティをハッキングして、ターレット(固定機銃座)を操作可能。
  • 《ハッキング:ロボット制御》:セキュリティをハッキングして、ロボットを操作可能。
  • 《ハッキング:ステルス3+》:ハッキング中の検知可能性を−45%。超お役立ち。
  • 《エネルギーレベル1+》:ノックダウン攻撃などで消費する体内電池を1本追加。
  • 《所持量増加3+》:アイテム所持領域の拡大(最大)。幾つか武器を持つとすぐにアイテムの所持限界に達してしまう為、かなり有用。というかこれでもまだ足りない。……まあ、冷静に考えると、スナイパーライフルとコンバットライフルとハンドガンとサブマシンガンとスタンガンと麻酔ライフル銃と携帯型機関銃と各種弾薬と地雷と栄養食品を装備しているので、充分おかしいのですが。
  • 《重物体操作》:怪力。通常では掴んだり動かしたりできない重量物を動かせるようになる。恐らく、地味にかなり有効な能力。
  • 《エイム・コントロール1+》:移動攻撃の際の、照準精度を維持。前回のボスに勝つ為に習得。役に立ったのかは今ひとつわかっていない。
  • 《ダメージ軽減2+》:皮膚の強化による、ダメージ軽減。ボスに勝てない度に、レベルが上がっていく仕様(笑)
  • 《クローク・システム》:電池1個につき3秒間、姿を消せる光学迷彩。他の技能との組み合わせ次第ではかなり便利そうだが、今ひとつ使いこなせていない気がする(^^;
  • 《ジャンプ強化》:3mまでジャンプ!
  • 《反射神経ブースター》:通常、電池一つにつき一人しか倒せない近距離ノックダウン攻撃で、同時に二人を倒せるようになる。
  • イカルス・ランディング》:高い所から落ちても大丈夫な体に。実際の有用性以上に、FPS視点のジャンプが下手でよく墜落死する人間にとっては、救済手段として非常に有り難い。演出が格好いいのがポイント。

−−−
その場その場の状況に対応できるように、基本、改造ポイントは余らせ気味で進めています。突破の為に急にどかっと必要になる事もあるので。
本当は《ウォール・ブレイカー》(薄い壁を破る)とか取って『闇のイージスごっことかしたいのですけど、今のところ、使い所に遭遇していないので、保留中。