はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

お金で買えない価値がある

◆nononoさん
 >だからこそ良太郎の相棒はモモタロスなんですよ。うん。
なんだかんだでモモタロスが一番しっくりくるし、作品がそこをきちっと描いてくれているので、こちらも散々ネタに出来るし、劇中でもいじれる、というのも上手い所ですね(笑)
◆gariさん
 >知りつつ見てるとまたいろいろ言いたい事もあるんですがネタバレ配慮が難しい(笑)
とにかく伏線が入り乱れてますものね。
いやぁしかし、面白いですね。
◆kanataさん
 >ソードフォームが一番弱いのって、公式認定なんでしょうか(汗)
ど、ど、どうやらそのようですね……。
単純に正面からぶつかったらロッドとそれほど変わらない気もするのですけど、ウラは卑怯だしなぁ……。
 >でも確かに「迷惑度」で言えば、モモさんが一番マシだったりはしそうですね。
逆にキンタロスは通常アレな分、戦闘で存在感を示さないといけない立ち位置なんだな、となんか納得してしまいました(笑)
アックス電王が他よりちょっと強い気がするのも、むべなるかな。
 >良太郎の意向を無視して出てきたり、こっそり勝手に覗き見してたり、そりゃ彼でないと出来ません。
ちょっとズルいのですけど、他の3人と立ち位置が違うので、別のアプローチが取れるんですよねー。ギリギリまで肝心な事を喋らないので、被害は広がっていますが(笑) だからこそ、情報を制御するという観念がない、キチ○イキャラなのだなーと。