はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

ゼロのスタート

◆kanataさん。
 >余らせたまま終わったり画面外で消化させ減らすには少ないですし、相当に精密な未来予定図が描かれていそうです。
なんらかの救済策のある可能性も含めて、絶妙な数を明言してきましたね−。視聴者が「少なくない?」と思う所も含ませてであろう台詞もまた、心憎い。
 >……ゼロライナーの持ち主に「会ったことがない」というのは、誰が本来の持ち主なのかは把握してるってことなんでしょうか。
以前の「預かっている」という発言と合わせると、知ってはいそうですね。デネブも含めて、その辺りは完全に謎だらけ、という感じですが。
◆橘まことさん
 >視聴者が知りたいと思っていることをすぐに提示する、あるいは「今は提示できない」と明言するのは、
 >小林靖子脚本の魅力のひとつですね。
固有名詞を散りばめてもやっとさせたまま引くのではなく、個々の伏線をきちっと区分する、というのは面白い所ですね。
良太郎とのやり取りと最後の一言で、侑斗なりの真摯さを表現していたり。
 >今回のモモタロス、ハナの手伝いなんて……と思いつつピンチには駆けつけ、でもすぐに立ち去ると意外にヒーローしている
さっと駆けつけ、恩着せがましい事言わずにさっと帰る辺りはちょっと格好いいんですよね(笑)
扱いが雑なので、活きていませんが。