はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

情けは人の為ならず

◆kanataさん
 >あのミステリアスさが不気味であると同時に、魅力でもあったのは間違いないのに(汗)
話は作りにくいし、受けは悪いし、となってしまったのですかねぇ……(^^;
ただそれ、やる前からわかりきっていたとは思うんです(笑)
敢えての設定だと思っていただけに、残念です。
 >「死んだ者は帰らないんだ」とか「君を必要とする人間がいる限り」なんかは、
 >JPさんの人間味というか背景が滲み出てるようで素敵なのですけど。
この辺、もっとじっくり段取り踏んで描いてくれたら、おお、JPさん格好いい! と更になった気はするのですが、そこまでのんびりしていられなくなった感じですかねぇ。
 >正義の味方として周囲からえらい持ち上げられてるうち、当人の立ち居振る舞いも徐々に正義の味方らしくなってきたのかもしれませんね。
なんとなく、「学習している」感じではありますよね。予告見る限り、実際に学習するキャラクターなのかどうか、謎の一端が判明しそうで、次はなかなか楽しみです。
◆久仁彦さん
 >いちいち引き合いに出すのもなんですが、『Fallout』でもNPCを殺害すると他のNPCが代替わりになる事多々。
しれっと再生されるとあれですが、きちっと死んでくれると、こちらとしてもやりがいがありますよねー(え?)
エルフがリアルにムッとするので、暗殺したい衝動にかられて仕方がありません(笑)
 >やっぱり人柄ってのも世の中を渡る上での重要なスキルなのだろうなあ(しれっとした顔で)。
製作スタッフ重なっているようですが、で、そんな「殺されても仕方ないやつ」に自分がなれてしまう辺り、実にえぐいゲームデザインですね(^^;