はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

百化繚乱!

買ってしまった……。

東映スーパー戦隊シリーズ 35作品記念公式図録 百化繚乱 [上之巻] 戦隊怪人デザイン大鑑 1975-1995

東映スーパー戦隊シリーズ 35作品記念公式図録 百化繚乱 [上之巻] 戦隊怪人デザイン大鑑 1975-1995

スーパー戦隊35作品(『秘密戦隊ゴレンジャー』〜『海賊戦隊ゴーカイジャー』まで)の怪人デザイン画を一挙収録。上巻は『ゴレンジャー』〜『忍者戦隊カクレンジャー』まで18作品、掲載怪人(ボス、幹部クラス含む)、約1000体以上。
秘密戦隊ゴレンジャー』『ジャッカー電撃隊』は、石ノ森章太郎によるラフ画ですが、『バトルフィーバーJ』以降はしっかり全身のデザイン図となり、1ページ2〜4体ずつの掲載で、絵の見応えもばっちり。
何より特筆すべきは、1体1体のデザインについて、可能な限り各デザイナーのコメントを収録していることで、膨大なデザイン画と膨大なコメント、これが素晴らしい。
その上で、各作品の概説と、各怪人のエピソードでの活躍も簡単に付記されており、怪人のデザイン画集でありながら、しかし作品あっての怪人である、という両輪を損なわない、非常に“わかっている”作り。
惜しむらくはデザイン画を元にした完成品と言える、着ぐるみの写真が載っていない事ですが、これはもう、載せると値段が万越えになってしまうであろうから、仕方の無い所か。
どこから読めばいいか困るという大ボリュームで、どこを切り取っても面白く、奇天烈な怪人デザインの数々をぱらぱらと眺めるも良し、思い出の作品の怪人達をじっくりと見つめるも良し。叩きつけられるアイデアの奔流が、凄まじく、素晴らしい。
値段が値段なので人にお薦め出来る物ではないのですが、デザイン画などが好きな方にはたまらない出来となっています。