はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

4つの力が一つになれば

◆kanataさん
 >電王が四人集まる過程とか、映画の方じゃ全く描かれていませんし。
 >(あれを本編側へ追い出しとくことにより、映画の時点でゼロノス組をほとんど描かずに済んだというのはすごいテクニック)
発想と実際の製作の後先を想像すると、色々と面白いですね〜。
たぶん最初は、映画用の派手なネタ、としての大集合だったのではないかと思うのですが。それをお祭りネタに終わらせずに本編と絡めた上で次の展開の布石にしてしまうとか、実に滅茶苦茶です。
 >あれだけのために、侑斗は貴重なカードを何枚も切ったかと思うと泣けてきます(汗)
TV本編含めた劇場版展開は、良太郎ベースでは派手なエンターテイメントになっている一方で、侑斗ベースで見ると、良太郎と仲悪くて性格も面倒くさいけど時の運行を守る事に関しては真面目な人なんだよ〜、と視聴者への侑斗フォローになっている、というのが構成として面白いですね(笑)
あと一応、電車大合体が、4大電王の力……? なのでしょうか、あれ。どちらかというと牙王よりも、神の列車を危険視していたのかな、という気はしています。
 >この誕生経緯からすると、古代兵器の改修どころか参考にしたってことすらなさそうです。
以前に発掘されていた残骸を参考にした……ぐらいは絡めても良かったと思うのですが、13話は本当に何だったのか(^^;
そして、超古代文明と同水準の兵器開発技術を持つ闇の組織・警視庁……!
 >あっさり「死んだ」ことや躊躇ないコピーロボットの浪費ぶりからから察するに、素で大変な資産を持ってるものとしか思えません(笑)
MX−A1拾ってきた時点で、秘密基地持っていましたからね(笑)