はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『特捜ロボジャンパーソン』感想19

◆第23話「正義の為に死す」◆ (監督:三ツ村鐵治 脚本:宮下隼一)
今回から、OPがバージョンチェンジ。
次々と武装をアピールする、我らがジャスティス!
ヒーローもののOPとして特におかしくはない筈なのですが、JPさんがやると不穏な気配しかしないのは何故だろう。
そしてガンギブソン、早くも友達みたいに(笑)
バージョンチェンジするタイミングがちょっと早かった気がするのですが。
全体として格好いい新OPなのですが、最後だけは以前の、JPカードがしゅっと飛んでいく方が格好良かったなぁ。
前回のロボット刑務所での事件の結果、<ネオギルド>と袂を分かったガンギブソンは、復讐の為にジョージ真壁を狙い、街を走る。
しかし米国帰りのガンギブソンは、<ネオギルド>の基地の場所を知らなかった!
仕方が無いので、辻撃ちを始める。
次々と、市民として暮らす<ネオギルド>製ロボットを狩っていくガンギブソン
子供と一緒に居た幼稚園の保母(ロボット)を撃ち殺す所など、なかなか衝撃映像。
…………うんまあ、ラスボスも、似たような事していましたけどね。
この事件は、
「私たち人間と、生活をともにしていた様々なロボット達が次々と破壊され……」
と凄く普通にニュースとなり、加速度的に、人間そっくりのロボットが市民生活を送っているのが当たり前となっていく『ジャンパーソン』世界。
ガンギブソンが破壊して回っているのは、確かに元々<ネオギルド>製だったとはいえ、今では<ネオギルド>と縁を切って更正したロボット達ばかりだった。ニュースでGGの行為を知ったジャンパーソンは、それを止める為に動き出す……。
すっかり、不良グループのような扱いの<ネオギルド>。
というか、<ネオギルド>って、隠れても秘密でもなんでもなく、ロボットを使って悪い事をしている組織、として世間に認知されているのか、もしかして(笑)
前回、貴方の家の近くの酒屋のお兄さんは元暗殺ロボットだったかもしれない……とネタで書きましたが、どうやら本当にそういう世界観らしく、そんなロボットの一体、今は子供達にバスケットボールを教えているジャイロに銃口を向けるGG。
ボディに大きく21と書かれ、のほほんとした外見のジャイロですが、恐らくかつては、ネオギルドの刺客として、ジャイロ21の殺人奥義! とか振るって夜な夜なダンクシュートで要人を暗殺して回っていたに違いありません。
一皮剥けば世界は狂気と暗黒に満ち溢れているのです。
月の無い晩にフォージャスティス!
ガンギブソンの凶弾はジャイロを貫き、一歩遅く間に合わなかったジャンパーソンはジャイロをアジトに運び込む。ジャイロにバスケを教わっていた周平少年はそれを見て叫ぶ。
「どうして、どうしてこんな酷い事を!」
……うんまあ、ラスボスも同じような事をしていましたね。
今度は蕎麦屋の出前に襲いかかっていたガンギブソンを止めたジャンパーソンは、かおるによって修理されたものの、内部部品がネオギルドの特別製だった為に代替えパーツでは不具合が多く、周平少年と懸命に歩行訓練からリハビリを行っているジャイロの姿を辻ガンマンに見せつける。
トラウマを持つロボットに続いて、リハビリするロボット、とどんどん面白い世界観になっていくなぁ……(笑) 宮下脚本が、全体の整合性を取れるかどうかに関しては、非常に不安ですが(^^;
「おまえに、おまえに俺の気持ちはわからねえ!」
ジャンパーソンは、罪を償い更正したロボットを襲うのはやめろ、とガンギブソンを説得しようとするが、キャロルを失った悲しみから、<ネオギルド>に関わる全てのものを破壊しようと復讐に狂うガンギブソンはそれを振り切る。
……まあ、今のところやっているのは、無抵抗な相手を撃ち殺して回るという、ただのストレス解消で、おまけに<ネオギルド>に実質的な被害が無い為、非常にタチ悪いのですが。
今回、キャスティングの都合でジョージ真壁が不在な為、ガンギブソンの辻撃ちに対して、<ネオギルド>側のリアクションがないのが痛い所。ジョージさんが悔しがったり怒ったりすればまた違うのですが、更正した元組員の始末とか、<ネオギルド>側からすると、むしろ有り難いレベルなのではという疑惑さえあります。まあ、ネオギルド回路は埋まっているのかもしれませんが……。
というか、<ネオギルド>は何人と縁を切られているのか。
もう本当にダメだこの組織………………。
ジャンパーソンを振り切り、なおも辻ガンマンを続けるGGは、電車整備場で次なる獲物を狙っていたところ、電車に攻撃を受ける。それは、スーパーサイエンスネットワーク首領・綾小路麗子が自ら育てた、人工知能AIを食べて育ち、ロボットや機械の電子回路に入り込んで自在に操る事を可能とするバイオクリーチャー・レイレイチュウによるものだった!
なんか『フラッシュマン』で見たよーな金色の虫ですが、これは、麗々虫、という事で良いのでしょうか。
公園で急に苦しみだして倒れたジャイロをアジトへ連れ帰った後、GGを追っていたJPは、トラックや電車に迫られていたガンギブソンを救うが、今度はそのガンギブソンレイレイチュウが入り込み、ジャンパーソンに襲いかかる!
GG、あのスーツで、電車の上で回し蹴りするとか、凄い。
GGをサーチしたジャンパーソンは体内のクリーチャーの存在に気付くが、射撃をためらっている内に、今度は自らが体内の中に入られてしまう。
イデアとしては電送スーツの回と同じなのですが、同レベルの実力を持った危険なロボット同士が操られる、というのがミソか。
「来るなガンギブソン、俺ごと撃て」
己の暴走を何より恐れるジャンパーソンは自分を撃つように求め、その覚悟に反省するガンギブソン
これがあれです、
「撃っていいのは、撃たれる覚悟のある奴だけだ」
というやつです。
ラスボス的に言うと、
「正義を執行していいのは、執行される覚悟のあるやつだけだ!
ジャンパーソン・フォー・ジャスティス!」
最近無いので、勝手に入れてみました(おぃ)
ところがガンギブソン、目をそらして反省している内に、虫に入られる。
……というか、あっち入ったり、こっち入ったり、何をしたいのか虫。
JPとGGは、お互い虫に入られたり悩んだり反省したりしながら戦い続け、素顔の麗子様、脚線美をアピールしながら登場し、この戦いを自ら見物に。シナリオ上の必然性というよりも、高畑淳子さんにあまりに悪いので、素顔の出番を作った疑惑(笑)
一方JP基地でも、修理しようとしたジャイロの体から飛び出したレイレイチュウが暴れだし、コンピューターが乗っ取られそうになっていた。だがそれにより、炎上したコンピュータ(恐らくいざという時の証拠隠滅機能。当然のセキュリティです)の炎に包まれた事から、レイレイチュウの弱点が炎と高熱である事が判明。連絡を受けたジャンパーソンはアークファイヤーでガンギブソンをウェルダンにし、たまらず飛び出したレイレイチュウはホーミングバレットの餌食となるのだった。
それぞれが強いテレパシー能力を持っていたレイレイチュウは、仲間の1匹が死んでしまったショックの伝染により全滅。麗子様の計画は、水泡に帰すのであった……。
ラスボスの覚悟を見たガンギブソンは、復讐に血迷っていた己を反省。自らの部品をコピーさせる事により、ジャイロは元の機能を取り戻し、そのほか、ガンギブソンの凶弾に倒れたロボット達も修復される。
…………と、マイルドに落としたのは最近の路線として、ガンギブソンの器物破損その他の罪が消えて無くなるわけではないのですが、しかし敢えて言おう、正義の前には、法など、無意味であると!
「一緒に戦おう、ガンギブソン
「ああ。しかし参ったぜ、敵がふえちまったじゃねえか」
「そうだな」
「ははははは」
なんだか意気投合してしまう、危ない二人。
そんな最強タッグの結成を影から見つめて笑う三枝かおる。
一味には新たな戦力が加わり、ネオギルド製ロボットのオリジナルパーツも存分に調べられたし、それはもう、うはうはで笑いもとまりません。
全ては、フォージャスティスの下に!