はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

電車仮面

Beniさん
 >デンカメンソードで検索してみてください。
ででで、デンカメン、ソード?!
それが一番酷いじゃないですか……!(笑)
夜中に吹きだして大変な事になるところでした、というか、これしばらく、思い出す度に笑えるツボに入ってしまった気配(^^;
 >クライマックスフォームといい、ライナーフォームといい、まともにカッコイイ強化はできないのでしょうか。
当時の市場的には、ゼロノスが格好いい担当だったのですかねぇ……バンダイ東映もハイになっていたとしか思えません(笑)
◆kanataさん
 >二人の仮面ライダーの戦う理由が、こんな時期になってやっと判明するというのもすごいお話ですね。
ブランドの持つ安心感というのもあるでしょうが、ヒーローの理由を延々と引っ張っるというのも意欲的な作劇ですね。“ヒーローになる”のが遅いとどちらかというとイライラしてしまうのですが、そういう構造にしなかったのも、蓄積踏まえてるなぁと。
 >これまたおそらく、作為的にクロスさせてきたのでしょうね。ここまで温存されてきて、やっと並び立ったダブルライダーの対称性。
ちょっとズレた感じのあったゼロノスがはまってきて、電王/良太郎とお互いを浮き立たせると、一連の流れは本当に見事でした。
ゼロノスとライナーフォームの武器が両方とも大剣になったので、合体攻撃とかありますかねぇ。見たいような、実際にあったら、とほほな感じになりそうなような(笑)
 >ジャンパーソン24話の後、お時間がありましたら「仮面ライダースーパー1」22話も鑑賞してみてください。
おお、ありがとうございます。見てみます。