はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『ガンダムBF』がまさかの『∀ガンダム』ファン大歓喜作品だった

違う!
左!
その左だよ!
放映スタートも知らないレベルで興味無かった『ガンダムビルドファイターズ』なのですが、初回から∀とターンXが出ているという情報を聞き、慌ててバンダイチャンネルで視聴(笑)
模型屋の息子である主人公が、ショーケースにディスプレイ用として並べた歴代ガンダムの中に、∀とターンXの姿が! しかも、客の小さい子供が、∀の右隣に置かれていたWガンダムに興味を示すという、まさかのニアミス!
左! もうちょっと左!
全国の『∀ガンダム』ファンの心は、きっとその時、一つになりました(笑)
というか、“歴代ガンダム”が並べられたショーケースの中に、さらっとターンXが置かれている事に(設定上は、∀と同系統の機種らしいですが)、内部の間者の暗躍を感じます。
本編は、「ガンプラバトル」が世界大会も在るぐらい広く普及した世界で、とうとうと原作のWガンダムについて解説する主人公、世界大会のPVでぶつかりあう、時空間を超えた様々な作品のMS、と非常に割り切った形で展開。
子供を連れて模型屋を覗きに来たごく普通のお父さんがさらっと「ガンプラバトル」と口にしたり、いい年した謎の中年が「このガンプラバトルを仕切ろう」とか言い出して受け入れられたり、「ガンプラバトル」の一般化の表現は、極めて正攻法。
主人公が中学生?ぽかったり、主人公の父親がガンプラ乗りだったり、ガンプラバトルは児童限定ではないようですが(マーケット考えると、当然そうなるわけですが)、見せ方としては非常に正統派の児童向け販促アニメの構造を用いており、それを真正面からやってきた所は、好感が持てます。
この辺り、『ウルトラマンメビウス』『仮面ライダーディケイド』『海賊戦隊ゴーカイジャー』とやってきた路線への、バンダイ側の蓄積もフィードバックされているのかな、と思うところ。
きらりと光る物があるけど相対的に鈍くさそうな少年と、抜群のガンプラ操縦技術を見せる破天荒な謎の少年が、お互いの足りない所を補い合っていく……とダブル主人公の配置もすっきりしており、近作の主要MS(ガンダム)ばかりではなく、脇のMSも色々と出してくれそうな雰囲気は買いたい。
惜しむらくは、戦闘シーンが今ひとつ。
外見の描き方は、過去の決め絵の蓄積と現代水準の作画で一定の格好良さを出しているのですが、操縦者との連動がうまく描けていない為、前半で言えば主人公の操縦反応の鈍さとか、後半で言えば新作の高すぎるスペックに振り回されている所とか、そういったものが、台詞でしかわかりません。
格好良さを付加し、物語を生む、戦闘の“流れ”というものが見えない。
ただ動かせばいいというものではなく、そこは要努力。
決め絵で誤魔化す路線に行くつもりかもしれませんが、作品の肝ではあるので、なんとかオリジナルの戦闘は頑張ってほしいところ。
個人的には、“原作ぽい動き”よりも、「ガンプラバトル」だからこその、マンガチックなアクション、MSのデザインを活かした上での“原作ではありえない動き”をもっと見たいのですが、今後に期待か(その点、ギャンのシールドがワイヤーで飛ぶ、というギミックは良かった)。
また、ガンプラを操っている感じ、を出す為に、もう少し操縦者の主観映像を入れても良かったかと思います。1話の最後でおかっぱくんの主観で、ガンダムが迫ってくるシーンが描かれましたが、できればレイジ主観でギャンに迫っていく絵が欲しかった。
……と思ったのだけどよく考えると、販促アニメとしては、“実際のプラモで出来る格好いいポーズ”を描く方が正しいのかな、という気もしてきました(^^;
まあ、それならそれで、ポーズの決め方・見せ方に、やはりもう一工夫二工夫欲しい所ではありますが。
その辺りも、今後上手くバランス取って見せてくれる事に期待。
解説のラルさんはちょっとやり過ぎ感はあるものの、解説・実況キャラは必要ですし、ちゃんと広瀬正志を使った、という点は良かった(笑) この手の作品は、実況キャラの良し悪しが面白みに結構な影響を与えるのですが、バンダイ広報と提携して、ガンプラファイターとか創造しないかなぁ。
児童向け販促アニメの傑作『爆走兄弟レッツ&ゴー』のミニ四ファイターは、凄く素晴らしいキャラクターだったのです。
そして次回予告にゴールドスモー居たぁぁぁぁぁ!!
大きな闇の勢力の存在を感じる。
イオリ・セイくんには是非いつか、∀ガンダムについてとうとうと語っていただきたい。
そして目指せ、ターンX、夢のMG化……!
あと、ゴールドスモーのロボット魂化もお願いします、バンダイ様。