はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

中日、激震

〔谷繁選手兼任監督、落合GM、森ヘッド/中日スポーツ〕
〔中日 来季は「谷繁兼任監督、落合GM」 複数関係者が明らかに/スポニチアネックス〕
〔中日 球団社長ら幹部更迭へ 落合氏の復帰が加速/〃〕
このタイミングで立浪は駄目だけど、谷繁ならいい、というのは理屈としては実に微妙で、どうも白井オーナーと立浪の関係がよろしくないらしい、という話が真実味を帯びるわけです。
合わせて現フロントの体勢一新という話も出ており、完全にお家騒動による高度に政治的な判断の様相を呈して参りました。
谷繁にしてみると、受けたいとも思えないけど、断るわけにもいかないと、結構追い詰められた感じもありますが……捕手・谷繁という野球選手について思う時には、勿体ない出来事かもしれないなぁ。
まあ、今季盗塁阻止率2割切っているし、半強制的に後継育成のフェーズに入る、潮時といえば潮時かもしれませんが。
シンプルにプレーイングマネージャーについてだけ考えると、数年前にヤクルトが大失敗しているわけですが、恐らく落合政権時と同様に森コーチが投手関係の全権を握るとして、落合がどこまで編成で力を振るえるか、という事になるのか。
〔荒木投手C退団へ 最下位の燕、チーム再建のためコーチ陣刷新/SANSPO.COM〕
そんなヤクルトは、次期監督候補の筆頭とされてきた荒木コーチが退団。
ヤクルトの場合、投手コーチというより、トレーナーとかコンディショニング部門に根本的な問題があるのでは、という疑惑もありますが(^^;
〔沢村、1回0封5勝!109日ぶり白星でCSへ万全/スポーツ報知〕
今季最終戦、ヤクルト宮本の最後の試合に村田がやってしまってサヨナラ勝ち。しかしまあ、9回を抑えた澤村に勝ちが転がり込んできたのは良かった。
〔宮本 両軍選手から胴上げ 阿部らが発案のサプライズ/スポニチアネックス〕
それはそれとして、両チームで胴上げ。
なるほど、五輪繋がりか。
〔【DeNA】山本功児氏、新参謀浮上!OB鈴木尚典氏も入閣へ/スポーツ報知〕
めめめ名参謀?
元ロッテファンとして言いいますが、少なくとも監督としての山本功児はド無能なので、参謀役としては期待薄かと思われます。
「ロッテの監督5年」って字面だけ見ると、評価されていたように見えますが、その5年全部Bクラスで、貯金作ってシーズン終えた事が一度もなく、取り柄と言えば「最下位にならなかった事」ぐらいなので。
まあ、あくまでヘッドコーチなので、思わぬ科学反応を起こす事もあるかもしれませんけど。