はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『電王』完走

◆nononoさん
 >最終話ラストのミルクディッパー、羽虫ーズと愛理さんの間、奥の壁にリュウタの絵が飾ってある(画質がアレなので見辛いですが)
おお、あれ気になってたんですけど、愛理さんの所に届いたのですね、良かった。
もう一回見て、確認してみます。
 >亀ゼリーは実在する商品である
おお、あるんですか!(笑) あまりに出来すぎていて、作ったのかと思ってしまいました。
 >彼等を見守ってきた49話、1年間が彼等を支える時間そのものである。なんて。
 >まさに「昨日までの記憶すべて必要と分かる日が来る」ですよ!
歴史改変という要素を持っている作品ですが、最終的に積み重ねてきた物語・時間の意味、を描く事で、現実(現在)肯定の話になっているんですよねー。そしてそれが、気に入らない時間を玩具のように壊してしまうカイに対する、勝利の鍵となる、と。実に上手い。
◆kanataさん
 >強いて粗らしきものを探すとしたら、カイにラスボスとしての風格が欠片もなかったことなんですが。
カイのポジションに、押し出しの強いいかにも悪役が居たらどうだったか、というのは少し想像してみたくなる所ではありますね(笑)
個人的には割と、あれはあれで良かったかな、と案外嫌いではありませんでした。
 >きっちり意図をくみ取っているナオミさんも流石。
ナオミさんの大活躍も、本作らしい盲点・死角を突いた展開で、そこでナオミさん持ってこられたらもう仕方ないかーみたいな(笑)
 >もしや、ジークの存在そのものがオチへの伏線だったりしましたか? 赤ん坊と契約したイマジン……。
ああっ、言われてみればそこ、繋がりますね!
あの時点でどこまで考えていたかはわかりませんが、最後にジークが出てきた所で、そこも綺麗にはまったんですねぇ。
 >ゼロライナーがどこから来たのか最後まで語られないままだったのは、少し残念だった気もしますか。本当にせいぜいがその程度。
ゼロノスの特異さ、及びゼロライナーのオーナーに関しては、説明なしで押し切っちゃいましたね。ここはちょっと惜しかったかな、と。
◆橘まことさん
 >チャーハン対決のスプーンアクション(?)は、確か石丸謙二郎さんのアイディアで盛り込まれたものです。
あれもなんか、最初は何をやっているのか……という感じでしたが、役者さんもスタッフも凝って、最終的に楽しくなってしまいましたね(笑)
石丸さんといえば、『世界の車窓から』が好きで、声だけしか知らなかった頃は、渋いナイスミドルだと思っていたんですよねぇ……(遠い目)
 >リュウタロスとカイの扱いについては、放送当時からいろいろ言われていました(笑
リュウタロスは案外、メイン以外の回では割を食いますよね(笑)
不幸にはならないけど見せ場は減るというか、見せ場が増えると不幸になるのか(あれ?)
 >ちなみに優斗と愛理のその後については『超・電王トリロジー』という劇場版で描かれているらしいのですが、
 >TV版の余韻を崩したくなくてまだ見ていないという(^ ^;
おお、そうなのですか。気になるといえば気になりますが、TV版がこうまとまると、これでいいかなぁ……プラスアルファはあんまり見たくないかなぁ……という気は私も(^^;