はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

へたれても君が居る

◆kanataさん
 >ステッキ壊した時点で被害者たちが戻っていれば、納得感も増して色々もう少し合理的でしたね(ーー;
ああ! そういう手もありましたね。ちょっとやっぱりこう、作り手がパターンに引きずらちゃった感じでしたね。
◆gariさん
 >ブレイド当時のリアルタイムの頃の視聴者は、役者の滑舌の悪さ(オンドゥル語)や
 >橘さんのヘタレっぷりを楽しんでいました。
剣崎は確かに、2ヶ月経つのに発音がいつまでも独自の言語っぽい(笑)
橘さんはホント、何の役にも立ちませんね……。