はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

豪華で人目を引くロール

〔『妄想ニホン料理』/公式サイト〕
昨夜たまたま見たこの番組がえらく面白かったのですが、レギュラー番組だったのか。忘れなかったらまた見よう。
大雑把な3つのヒントを元に外国のシェフに日本料理を作ってもらう、という内容なのですが、あくまでも、日本なら……ではなく、ヒントを各国の食文化で解釈して、というのが実に面白かった。
例えば昨夜のお題は伊達巻きだったのですが、「学問が向上する」というヒントを元に、その国なりの頭にいいと言われる食材を使ってみたり、調理法に解釈を求めてみたり、「正月の定番」というヒントから「フランスなら内臓だ!」と子牛の脳みそが出てきたり、と料理を通して文化が見える、という作りが秀逸。
あと幾ら払っているのか、各国シェフが割と本気。
結果として、想像真似っこ料理というよりも、かけ離れているけど見た目美味しそうなマイ伊達巻きが誕生する、というのが料理番組として素敵でした。