はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『マリーとエリーのアトリエ』(越智善彦)の6巻が無事に出た

ゲーム『マリーのアトリエ』『エリーのアトリエ』の両主人公が一緒に工房を開いたら……という設定から展開し、原作キャラとオリジナルキャラが入り乱れる、ひたすらのんびりまったりしたアフターストーリー。
特にこれといったイベントは起こらず、まったりした日々の諸々だけで展開するも、一応一度触れたネタは丁寧に扱って物語の背景をじわじわと転がり続けており、かといってそれが組み合わさって大事件でも起きるのかというとそういう空気も全くないけどまあそんなもの、みたいな、日常系通り越して人生系、とでもいえばいいのか。
展開と刊行ペースの遅さで、3年ぶりに登場、みたいなキャラクターも居るけど、全く気にした様子もなくひたすらのんびり進んでおり、まとめきれなかったらまとめきれなかったで、まあ、そういう事で、みたいな、そもそも別にまとめきる漫画でもない、という空気も感じるこれはこれでフリーダム。
巻が進むにつれてそれが悪化している感じなのが凄い。
正直コストパフォーマンスはよろしくないのですが、越智さんの漫画が好きなので、まあ、お布施みたいな。