はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『世界征服〜謀略のズヴィズダー〜』#1〜#3まで

まとめて視聴。
うーん……とりあえず現状、勢いと笑いで進めていくナンセンスギャグで、面白くないわけでもないけど、際だって面白いという事もなし。1話冒頭で謎めいた部分を置いておくのも、常套手段でありますし。悪の秘密結社パロディそのものは珍しくないので、キャラと転がし方次第になるわけですが、その点で3話ぐらいまでエキサイトさせてくれた方が、面白いといえば面白い。
ただ基本ナンセンスギャグというのを承知で一つだけ真面目に突っ込むと、エピソード途中では性格の悪い女性喫煙者も登場していましたが、クライマックス、「最後の楽園」に集ったモブ喫煙者が、見た限り全て男性だったのは、ちょっと気になったところ。無意識の性差別というか演出の根性が足りてないというか、社会風刺としては中途半端だし、作画にきちっと指示出していなかったのなら、演出サイドの手抜かり。あのエピソードをきちっと成立させる為には、あそこは男女が揃っていないといけなかったのでは、と思います。
あと1話からずっと、主人公のリアクションがあまりにマンガ的定番すぎるのと、キレるタイミングが意味不明なのも気になるところ。正しく狂言回しではありましょうが、物語を進めるためのロボットみたいな反応が多すぎて、入りにくい。
とりあえずもう少し様子見予定。