はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

ガンダムは大地に立つ

〔Gは『大地に立つ』の大地のG」「この年でよくやったなとうぬぼれ」 富野監督「Gのレコンギスタ」語る/ITmedia ニュース〕
いよいよ、富野由悠季最新作、『Gのレコンギスタ』が、今秋公開の公式発表。


「明らかにORIGINやユニコーンのファンとは違う、あなた方が育てているお子たちに見せていただきたい。」
ここ10年ぐらいの監督は、自分が『ガンダム』を通して育ててしまったかもしれない世代、に対する責任を取って何とかしなくては、みたいな発言が多かったのですが、更にその次の世代へ向けた作品を作った、という強烈な自負を発していて、楽しみ。
公式サイトで、ちらっとPV公開中。
〔Gのレコンギスタ/公式サイト〕
で、そんな35周年記念に合わせてか、4月からTOKYOMXで『機動戦士ガンダム』再放送だそうで。
他のローカル局でもやったりするのかなぁ。
とりあえず第1話は、物凄い完成度の高さなので、演出や脚本に少しでも興味のある方は是非。ストーリーに興味なくても、『ガンダム』の第1話は物語を作ろうという人間にとっては、教科書といっていい出来。
冒頭、年表を読む神の視点から、歴史の中に生きる人の視点にシフトしていく流れとか、素晴らしい。