はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

検索行脚

プロジェクトクロスゾーン』ぼちぼちプレイ中(25話までクリア)。
折角なので登場人物の背景でも知っておこうかと『バイオハザード』シリーズを辿っていたら、えらい時間を食ってしまいました。
ナンバリング6までに数多のその他タイトルが、ストーリー繋がっているという、えらく壮大な事になっていた。そして初期作の主人公達がどんどんおっさんと化していた。
ちなみにシリーズは、『1』をほんのちょっと触れたぐらいしか経験なし。
ホラーとかゾンビとかグロ映像とか、得意なもの、一つも無いので……(^^;
そんな『バイオハザード』シリーズから参戦のクリス&ジルは、いっけん銃火器メインのようで、攻撃アクション見ていると、この人達、至近距離で殴り合った方が強いのでは疑惑が募る、隠れストリートファイターコンビ。
何故かクリスの拳は光って唸り、ジルの体は真っ赤に燃えるし。
つまり、ゾンビを倒せと轟き叫ぶ!
今回はそこに『デッドライジング』のフランク・ウエストと、『ゾンビリベンジ』の毒島力也が加わり、そこはかとなくゾンビ祭。ザベル(『ヴァンパイア』)と『魔界村』のゾンビも居て、よりどりみどりです。
なお味方パーティーには、キョンシーと吸血鬼と夢魔と妖狐が居ますが、深く気にしない方向で。
ストリートファイターといえば、『4』の悪役らしき人を今回初めて知ったのですが、必殺技が腹バキュームで、ビックリしました(笑)
丹田エンジン
という言霊が、凄すぎる。