はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

ダイヤのキングはキリンさん

◆divoさん
 >そして、最終的には言われるがままにアブゾーバーを貸し出す程度しか関わってない橘さんとの師弟関係よりも……。
思春期の男の子にとって、年上の小うるさい男との付き合いなんて、わら半紙程度の関係だったんですね……。
 >一番縁があった相手の橘さんがそこに騙されてそれどころじゃないしと
剣崎は割と睦月に冷たいし、始さん的には道ばたの小石みたいな感じで、橘さんだけでしたからね、まともに気にしてたの……(笑)
シリーズとしてはまずは剣崎をどうにか立て直さないといけなくてそれどころではない為か、會川脚本も睦月の扱いはざっくりでしたしね(^^;
◆西家さん
 >ダイヤのキング、ギラファアンデッド
ギラファノコギリクワガタ、なんていうごつい名前のクワガタが居るんですね。しかし「ギラファ」=「キリン」と知ると、妙に可愛く。
 >窪寺昭氏は実写版『セーラームーン』にもレギュラーで出演されていた
ちょうど前年に、似た現場?に参加していたという、最終盤にふさわしいキャスティングだったんですねー。ここまでの上級アンデッドに居なかった正統派二枚目で、今後の動きを楽しみにしております。
 >この辺りで橘さんと始が、「お前とこんな風に話す日がくるとは」と初めて一対一で話し合うというシーンがあったそうです。
おお、よく考えるとまともに会話した事すらほとんど無いので、それは気になりますね(笑) 
まず、会話が成立するのかレベルで。