はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

俺たち走ったその後にゃレインボー平和の花が咲く

◆kanataさん
 >微妙にヒーロー側と慣れ合いかけてた微妙な距離感、実は正面から戦えば圧倒的に高い戦闘力、背後にひっそり描かれていたガイアーク理想社会……
 >それら全てがきちんと生きて、ドラマの最後で結実している。
最近見て印象強いというのもありますが、小出しの世界観設定が妙に繋がり、最後に悪の側にテーマの一部が仮託される、というのは『ダイナマン』を少し思い出しました。おしなべていい作品というのは、劇中要素の思わぬ有機的な繋がりが生じるものではありますが、愛され系悪の組織を軸に、面白く転がりましたねー。
 >三大臣揃ってた方が楽しいしなーなどは考えましたし(笑)
作品としては、ヨゴシュタイン復活した方が楽しいしなーと思わせたのが勝利でしたよね(笑) そこで期待させておいて違うボールを投げた上で、三大臣の繋がりもきっちり描く、とお見事でありました。
 >アニが決死の覚悟で残してくれた解析チャンス、まるきり活用されてない……!
あれが裏付けとモチベーションにはなったけど、逆転の作戦には全く活かされていない、というのは流れとして惜しかった所ですね(^^;
その上で揺らぎの兄、えらくボンパーさん信用してたり。
 >充電はボンパーがやっているのにキャストの修理はメンバーがやる
実はずっと気になっていたのですが、ボンパーさんが修理しないのは、ちょっと面白い点でしたね。恐らく、水先案内ロボットの作業権限の問題なのでしょうが。
 >そしてさすがはヒカリの発案らしく、これが初めての「戦術的な意味が存在する」乗り換えでもあったという。
よくわからなくても使い続けてきた乗り換えが、「ライトのお遊び」→「仲間達の気合いの表現」→「作戦」とシフトしていったのは、実に巧い構成になりましたねー。
 >触っただけで無気力化ってえらい外道ですよ地味に!? 加えて、トッキュウジャーに対してのピンポイントな相性も抜群……。
テンションで戦っている人達からテンションを奪うという、恐るべき罠!
◆折光さん
 >教官の名前はジャン・「ボ」エールです(ジャンボとホエールが掛かっています)
おおぅ。「ジャン・ポール」でフランス人なイメージ? と無理矢理思っていたのですが、ジャンボでしたか! ありがとうございます。
◆大迫直哉さん
 >燃える展開&特別出演の連続で最高でしたね。思い出すだけでも興奮して来る。
『ゴーオン』は、要所要所の燃える展開が手を変え品を変えきちっと盛り上がって、ラストまでしっかり繋がる、というのが良かったですねー。約束事を貫いた完成度の高い作品でした。
 >ちなみにラストのガンマンワールドの下りは後のシンケンジャーVSゴーオンジャーに繋がります。
おお、VSで拾われるのですか。
シンケンジャー』未見なので、次、このまま来てくれるのを期待しております。