はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

ノーテンキラキラ(待て)

◆大迫直哉さん
なるべく真っ白な状態で見たいタイプなので、すみません(^^;
 >キョウリュウはイベント&キング無双の日々だったからな。
あれはちょっと、お休みが無さ過ぎましたね(笑)
 >ちなみにゼット演じてる人は昔ライダーにも出てたようですね。
おお、そうなんですか。なかなか年齢不詳で面白いキャスティングですよね。仕草と口調が微妙におっさんくさいというか(笑)
 >まだこの時期ですから、幹部にボロ負けしても仕方ないよな。
個人的には強幹部好きなので、今作シュバルツ様に始まって幹部連をかなり強く描写しているので、今後もアクション含めて期待したいです。男爵がこんな素敵キャラになるとは。
◆gariさん
 >「敵にライトとトカッチを誤認させる事で相手の能力を撹乱する」的な事をやるんじゃないか?と言う、
 >視聴者へのミスディレクションと言う要素が強かったっぽいです。各所の感想とか見ると。
ああ、なるほど。個人的には、どう聞いてもあだ名な「トカッチ」が、本名を思い出して呪いを回避するのかと予想していたのですが(前半少年が「変な名前」と言っていたり)、とすると、ありそうな回避ネタのミスディレクションを二つ仕掛けて、実は肉弾、みたいな凝った仕込みだったんですかね。
◆橘まことさん
 >ロボの横っ飛びしながらのガンアクションやダッシュからのバイク飛び乗り等、ロボのアクションCGが大きく印象に残っていて、
 >今でも3本の指に入る好きな作品ではあるのですが、改めて通しで見ると、各エピソードの波が激しかったですね。
ロボット的には、デザイン・アクション・合体特撮と、良くも悪くもデカロボが格好良すぎましたね(笑) メカ的盛り上がりでは、前半を超えられなかったなーと。話は途中からなるべく1話完結でやってくれたのは良かったのですが、書く方も最後までバランスが難しかった感じでしたね(^^;
 >ちなみにデカイエローはその後『遊戯王』のヒロイン役を演じるのですが、その父親が稲田さんだったりします(笑
私実は、木下あゆ美さんを知る前に『遊戯王5DS』の方をちらっと見た事があって、ヒロインなのにえらく渋い声の配役だなーと思っておりました(笑) 稲田父の方は劇中で見た事なかったのですが、そんな事をしていたとは。
 >男爵のアクションはキレもあり、ポーズがいちいち決まっているのがもう。
男爵はもう今回、いい方も悪い方も株が上がりまくりです。一気に敵幹部の存在感が濃くなって、お見事でした。
 >夫人がグリッタを置いて皇帝を追ったことがわかり、夫人の優先順位が皇帝>グリッタというのを示しているのもうまいなーと思ったり
次回、家出に気付いた夫人の反応も楽しみですが、あまりスポットを当ててなかったシャドーライン側にここでぐっと寄せてきたのは鮮やかでしたね。