はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

マザえもん

◆kanataさん
 >……単に、こちらが慣れてきただけなのかもしれませんけど。それともあるいは、演出側の努力でしょうか。
個人的には、「慣れてきた」に1票(笑) ただ、やる事わかって、作り手の方も意識が統一されてきた感じもあるかもですね。どこを見せるか、がハッキリしてきたというか。
 >とりあえず、ゲストの少年キャラが、ただの迷惑な足手まといにならないあたりは好きかもしれません。
ありがちな足手まとい、どころかむしろ、刑事より優秀、というのは良かったですね(笑)
 >ノリノリでKの仕様を更新し続けていくマザー、ある意味バドーに負けず劣らずぬマッドサイエンティスト疑惑(汗)
少々、『ドラえもん』的な関係になりつつあるというか、「助けてマザー、怪光線で目が見えないんだ!」「反射レンズ〜」みたいな。
◆橘まことさん
 >「従来のメンバー同士」にしたことでギクシャク感が重苦しくなかったのが、個人的には良かったです(あれがちょっと苦手なので)
ああ、そうですね。今作にしては珍しくちょっと険悪でしたが、ぎくしゃくパターンを入れつつ、アプローチを変えているんですね。
 >思い込みでバッドステータスを防げるのなら、いっそ皇帝も「俺はキラキラを手に入れた」と思い込めばいいんじゃないかなーと(笑
裏返すと、陛下は妄想力が足りないというか、意外に真面目な性格なのかと思います(笑)