はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

俺たちは勇気で敵を殺す

◆橘まことさん
 >アレも勇気コレも勇気にしちゃっているのが、かえって「結局(この作品での)勇気って何なの?」につながってしまっているんですよね。
マジックワードの、一番まずい使い方になってしまっていますよねぇ(^^; ノれてしまえば楽なのでしょうが、さすがに、背景不足でノりにくい。
 >ウルザードの掘り下げは今後増えていきますが、知れば知るほど「ああ、なるほど……」と残念っぷりに納得がいくようになるかと(笑
もはや駄目人間の気配しかしないので、割り切って期待します(笑)
◆kanataさん
 >どうにも、敵の強さの描写がいい加減すぎるのですよね……
ウルさんは、劇中の扱い(建前)は「恐るべき強敵」なのに、現実は「へたれ系幹部」という……。どちらかというと、ブランケンと描写と使い方が逆ではないか、という。
 >とうとう馬にすら見放されて……
多分「魔導騎士が男気を見せて脱出させた」という事なのでしょうが……あの流れだと、見放されたようにしか見えませんよね(笑)
その辺りを描写してこそ「潔い」にも意味が出るのに、ウルさんも馬も、どうしてああ、雑な扱いなのか(^^;
 >でもこれにしたって、どうして今の今まで、マンドラ坊やが何も伝えていなかったのかという……。
マジレン』って全体的に、情報を後付けで出しますよねー(^^; 先に出しておけばこちらも色々とドラマを膨らませられるのに、そういう遊びが足りないというか。
 >読んでてふと思いついただけなのですけど、「闇と勇気」ではなく、「闇と炎」なら対立関係と言い張れなくもないような気がします。
 >今回の二人のバトルを見ている限り、相性的には炎の方が闇より強そうに見えてしまったりもしますが。
いっそもっとゲーム的な感じで、ウルさんは「闇の力」で超強いけど、赤の魔法使いの「炎の力」とは相性悪くて苦手、みたいな感じでも良かったですよね(^^; その方がまだ説得力が増したような。
◆aaさん
 >迎えに来た天空聖者ウルザードが全滅させる、とかやれば「俺はパワーアップしたぜ」に説得力が生まれたかもしれない
ルナジェルがふんわり飛んで帰れるというのも少々アレでしたし、そういう展開で、もっと派手なウルザードの強さ見せは欲しかったですねー。