はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

心中爆弾の恐怖

◆divoさん
 >一大転機だし、まゆみも一枚噛ませたかったんだろうなあというのはわかりますが。
やるならもう、まゆみの件も片付ければ良いのに、中途半端に中途半端が重なって、凄く意味不明になりましたね(^^;
誰だ、接触するとまとめて吹き飛ぶ爆弾とか持たせたのは(笑)
 >別の可能性を考えるなら、販売スケジュール的にパーフェクトジバンを前倒しに登場させたかったとかでしょうか。
それで、本来は前にあったエピソードを後ろに回したとかもありそうですねぇ。とにかくジバンは、まゆみ事変以来、滅茶苦茶ですね(^^;
◆kanataさん
 >ジバンが死んだ、イコール、警察の威信が死んだということなのかもしれません……(悪意に満ちた解釈)
一応洋子先輩が、「私達が何とかしなきゃ」と言う辺りは悪くないんですけどねー……それならもっと、ジバンと警察を絡めておけば良かったのに、その辺りが適当なので全て場当たり的なんですよねぇ(^^;
 >そして「市井のヒーロー」として説明のついてしまいそうな存在が……世界忍者…………。
旅費を稼ぐ為に北海道の温泉街に出張中だった雷忍ワイルドが北海道支部を撃破! ……ありそう(笑)
あれだけスペックの高いバイオロンが世界征服を実現できていないのは、世界忍者が居たからなんですね……!(とても納得)
 >なんて妄言はともかくとしてこの前後編、本当に何から何までひたすらに力任せでいい加減です。
話が進めば進むほど破綻していくので、ここまで酷かったからこそ『ウインスペクター』が大胆な転換を出来たのかなー、と別の納得感が生まれますね『ジバン』(^^;
 >どうも先輩刑事の「こんな時に直人はどこ行った」なる嫌味が、メタ的なツッコミのように聞こえてしまいます。
直人さんは結構、社会的にピンチでしたね今回(まあ、死んでいたのですが)。
いざという時は後で柳田がてきとーにフォローするのでしょうが、闇の公権力、怖い。