はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

夏アニメ感想その9

◇『サイコパス』 5−6話
諸事情で1話吹っ飛び、前回の猟奇バラバラオブジェ事件の解決編は無しに。
とりあえず、コウガミさんが女子高生にきゃーきゃー言われたという妄想をしておこう。
そして公安局は、犯罪を煽動する黒幕の存在に近づき始める。
これまでの猟奇殺人事件から一転、今回の犯罪者は、全身をサイボーグ化し、人間を獲物にした狐狩りを楽しむ老資産家、というダークバイオレンス展開。
ここで、アクション強めのエピソードを入れてきたのは構成としていいアクセントになりました。
んー、しかし、あーいう、日常のピース的なモブに近い扱いだったキャラが急に目立って酷い事になる、という展開は苦手でちょっときつい(^^; しかも念入りに、死にそうで死なずに引っ張った挙げ句、と実に酷い。
話数としては6話前半が本放送の11話で、ちょうど前半の山場という事だったのか。
そんな重い後味の次は、時計を巻き戻して弥生の過去編。
見所は、女心を弄ぶコウガミさん。
少し思っていたのだけど、やっぱりこの人、割と悪い男なのではなかろーか。
ところで最近、もしかしたら2期の放映時間が『Gのレコンギスタ』と被るのではなかろうか、と思ってドキドキしている。
我が家のHDレコーダーは、一つしか、録画出来ない!(被ったら、これは一切の躊躇なく『Gのレコンギスタ』を選ぶけど)