はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『バットマン:アーカムシティ』終了

とりあえず、メインストーリー終了。
原作知識はほとんど無いですし、前作にあたる『アーカムアサイラム』も未プレイでしたが、非常に面白かったです。
シナリオ面ではメインシナリオとサブシナリオを適度に並立してプレイさせる動機付けとバランスが良く、寄り道をさせつつ物語を進めていく、という案配が良く出来ておりました。やりこみ要素をコンプリートしようと思うと非常に大変そうですが、ご褒美が小刻みに解放されていくので、ついつい頑張りたくなります。
そして非常に素晴らしいグラフィックとアクション。3Dの箱庭アドベンチャーとしても良く出来ていますが、特に戦闘が非常に面白い、というのは長所。また、特殊装備がアドベンチャーの謎解きばかりでなく、軒並み戦闘に組み込める、というのが素敵。装備や技のパワーアップをしていくと、最終的にほとんどのボタンの組み合わせに何らかの特殊技が割り当てられる、というのは情熱を感じます(笑)
十字ボタンで特殊装備を選択するのですが、上下左右に、斜め4方向にとどまらず、上2回、下2回、左2回、右2回にそれぞれ割り当てられ、合計12個を装備。更に、主にL1(特殊装備を構えるボタン)と○や△の組み合わせで、即座に簡易使用する事が出来、徹底ぶりが立派。
嬉しいのは、設定された状況でひたすら格闘(コンバット)と隠密始末(プレデター)を楽しめるおまけモードが搭載されている事で、これだけでまだ当分遊べてしまいそうです(^^;
ボリュームとサービス満点、かつ、ベースの良く出来た、名作。
やや趣味的な色彩が濃いですが、これはお薦め。