はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

夏アニメ感想最終回

色々、最終回。そして個人的に負け戦。
◇『アルドノア・ゼロ』 11−12話
酷い最終回だったなぁ。
で、2部というか続編というかをやるようですが、続くから許されるわけではないというか、このまますぐ続くのならまだアリだけど、間を空けるなら逆に無しという気がして、これを“引き”として受け入れたくはないかなぁ。
久々にTVアニメを最終回まで見た結果、率直に見なければ良かった、と思ったので、なかなか難しい。私が今時のアニメの作り方に耐性が無いので、どうも受け入れにくい、という部分もありますが。
決戦の状況そのものはしっかり盛り上げたし、ラスボスが、これまで登場した3つのビックリドッキリロボの機能を併せ持つ巨大合体ロボ(そしてやたら長い変形合体シーン)、と最後まで火星ロボのお馬鹿っぷりが貫かれていたのも良かったですが、そういう、ややメタ的な「ロボットアニメ」の部分と、作品全体の理屈っぽさが最後に喧嘩別れしてしまった感じ。互いが互いを言い訳にしているというか。
あと本人が最終的にえらく反省していましたが、イナホと猫目の運命の狂い方も含めて、120%姫様が悪かったという劇構造はどうなのか。
イデオン』から『∀ガンダム』になったと思ったら、実は『ダンバイン』だったのか。
◇『トーキョー・グール』 11−12話
そしてこちらは、11話の内容、全放り投げ。
原作ものなので兼ね合いがあるとはいえ、10話までのペースから2クールやるのだろうと思っていたら、11話で物凄い勢いで詰め込んできて、1クールで終わってしまいました。キャラクターと伏線を大量投入して世界を広げたところだけに、まるで連載打ち切りのようなEND(^^;
ここで落とすなら真戸さん編がゆっくりしすぎだったと思うのですが、どだい1クールでは巧くまとまりそうになかったので、最初から開き直っての真戸さんラブだったのか。
最終話がほぼ主人公の拷問シーンというのは、演出含めて突き抜けていてそれなりに面白かったですが、まさか、11話で経過中の戦いを全て無視するとは思いませんでした(^^; 一応、アオギリの目的と主人公が故意に作られた半グールであった点については台詞でねじ込みましたが、もう少し、何とかまとめて欲しかった。
……ここまで来ると、アニメが悪いのではなく、自分の選択の嗅覚の責任のような気がしてきます(笑)
1クールアニメは、やはり体質的に向かないのか。
とはいえ、見始めた時点では1クールか2クールかわからないしなぁ……(^^;
◇『サイコパス<新編集版>』
後半まとめて見ようと溜め込んでいたのですが、何故かデッキが最終回を録画失敗していて、私の中で最終回を迎えました(^^;
途中まで割と面白く見ていたのですが、縁が薄かった……と思うしかない。
ぬがががが。
・・・・・
10月からは、『Gのレコンギスタ』が、呼んでいる!
元気のGだ!