はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

未来予報はいつも晴れ

◆タイキさん
 >良くも悪くもアニメ臭い演技と世界観なのが気にはなりますね。
少年マンガ的な要素を強く意識したのはわかるのですが、主人公としてあまりに魁の扱いが良すぎるんですよねー(^^; もう少し、反省とかしてくれればまた違ったのですが。
 >ましてマジレンジャーはスタートダッシュがあれですからね…拘りが強いのは分かるんですが、
 >それが時に頓珍漢な方向に行ってしまいがちな方ですね。
マジレンは、やりたい事は何となく伝わってくるのだけど、一番最初にあらぬ方向に思いっきりボールを投げてしまったという(笑) 先生出てきて角度が修正されるまで、あまりに長すぎました(^^;
◆kanataさん
 >最後の最後になってなおグダグダなのが、いっそジバンらしいと言っていいのかどうか……
……1年間、事故満載でした。
 >ジバンまでガルボさんの口車に乗せられ負けた気分になっているのは何故ですか(−−;
直人さんの脳が(以下略)
 >ハリーボーイ&柳田さんの自爆も思い切りとってつけたような展開で、必然性すら怪しいですし……
完全に二人を殺す為だけの展開で、前後の辻褄全く無視という酷さでしたね(^^; ハリーボーイはともかく、どうして柳田が死ぬと視聴者が盛り上がってくれると思ったのかが、最大の謎です。
 >そしてバイオロン基地の所在なぞ、戦闘員をつかまえ締め上げれば簡単に分かったぽいですけど!
あれは、凄く、酷かったですね……あまりにさらっと酷かったので、どうでも良くなったレベルで(^^;
 >その秘書さんたち、明らかにガルボより貢献度高かったのですが……そしてガルボよりずっと古参のはずなのですが……。
この手のポジションとしては割と当たりだったので、最後の使い方、勿体なかったですねー。
 >ラストシーンに関しては、直人もすぐ死ぬ前提の描写かと思われます。今更のように寿命のタイムリミットを伏線として拾った形でしょう。
最後にお墓参りしていくのも、死のイメージを匂わせていたりはしますよね。ただこうなんか、そういうちょっと切ない解釈をしてやっていいものだろうか、なんて事を思うわけです(笑)
 >……直人さん途中で既に一回もう死に直して、強化再生されちゃってますけどね!
あーそうか! 解釈としては逆に、そこで一度リセットされているので突然フリーズするという不具合が修正されている、という方向性も有り得ますね。まあどちらせにせよ、真実がわかるのは五十嵐博士だけで、直人はいきなりぽっくり逝くかもしれないし逝かないかもしれない、という不安定な余生を送る事になるのでしょうが……。
 >それでも不快なだけのコメディリリーフだった前半よりは、ご都合的にまともな人物へ化けた後半の方が好きですけど。
村松はなんだかんだで後半の方がいいですよね(笑) 下手するとコスモ編終了後にフェードアウトするかと思いましたが、最終回にも何故か見せ場作って貰えましたし。
 >ギバ様の思想と正体がほとんどコスモさんの焼き直しだったり、
たぶん、ギバ様の正体設定(案)が、テコ入れの都合で、まんまコスモに流用されたのでしょうねー(^^; 前半、秘書ズがヒトデ体に変身したり、宇宙生物っぽい感じありましたし。