はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

光り物だけに足が早い

◆タイキさん
 >シンケンジャーは立ち上がりがシリアスなだけにかえって私は違和感を覚えました。
いきなり寿司ですしね(笑) サンマ見た時はちょっとどうしようかと。
 >本来の家臣達ですら受け入れるのに1クールかかってるのに部外者の源太が幼馴染の約束だけで受け入れられる
1クールかけて殿が崩れたからこそ……という流れで組み立てたのでしょうが、説得力を付加する為に“幼なじみ”という要素を入れた事で、かえってそこが強く主張しすぎた、という良し悪しはあったかなーと。それ故に、むしろ家臣団が源太に好意的、という段取りを組んではありましたが。
 >一部では「縁故採用」ではないかとまで言われてます。
どちらかというと、過去のあれこれをネタに、殿が強請られているような気も……(笑)
◆マジマジさん
 >魚介類といえば、外道衆レギュラー陣の裏モチーフの多くが「三途の川に棲む種族」という事で水棲動物となっています。
あ、敵も海産物に浸蝕されていたのですね(笑) シタリがオウムガイ?っぽいなぁとは思っていたのですが、ドウコクは全く気付いていませんでした(^^;