はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

エブリディ・ヤングライフ・ジュネス(涙)

◆西家さん
 >癖っ毛の二枚目ことアールはメイン回がくるまで殆んど目立つシーンが無かったので僕も覚えるのが一番遅れました(笑)
今のところあの世界は、二枚目でもあまり得しませんね(笑) 時々誰だかわからなくなりますが、あの、多国籍チームは作品の色が出ていて好きな所であります。
 >今作の薬莢に関しては武器の象徴くらいにしか考えていなかったのですが、お金のイメージという解釈はとてもしっくりきます。
ばらまいているので逆なのですが、あのシーンはスロットマシンでメダルがじゃらじゃら出ているみたいだなーなんて事を思いながら見てしまいました(笑)
 >石塚さんが神田さんを「この間殺し屋役やったよね?」とからかっておられて
ああ、言われてみるとあの親子のキャスティングでしたか。声優さんはそういう、同時期に対照的な役どころでの競演とか、結構ありそうですねー。
◆哲斗さん
 >とうとうおやっさんの死が亜樹子にバレる……というエピソードが展開されました。
その点は劇場版で処理していたのですねー、ありがとうございます。延々とそのままだと亜樹子が可哀想すぎますし、途中から言わなくなっていたので展開としては納得なんですが。不意打ちだったのでちょっと驚きました(笑)
 >44話と45話の間に挟まる劇場版「AtoZ/運命のガイアメモリ」だけでもご覧になることをお勧めします。
44と45の間ですね。覚えておきます。
 >なお今回の女性ゲスト、ベルこと有馬鈴子を演じる魏涼子さんは、井坂先生を演じる檀臣幸氏の奥さんであり、
 >劇中で顔を合わせこそしませんが、夫婦揃っての出演となっています。
おお、井坂先生は旦那(丸)の体に興味津々でしたが、そんな複雑な関係になっていたのですね(笑)