はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

トライアル 不意打ち受けると 役立たず   しゅらうど

◆kanataさん
 >シュラウドの懸念していたそのまんま、テラーの惧れで完全戦闘不能ですよ翔太郎!?
ほんと、皆で、シュラウドに土下座した方が良い(笑) まあ逆に、シュラウドがあそこまで手段を選ばなかった事に説得力を与える為には、徹底的に翔太郎を役立たずに描くしかなかったのでしょうが。丁寧な理由付けの都合で、翔太郎が割を食ってしまいましたね(^^;
 >照井自身も、テラーの召喚モンスターを相手に弄ばれて戦力にならず……ここせめて、アクセルにはもうちょっと健闘して欲しかったところ。
あれ、誰かさんの玩具のせいで、装甲外してたのが悪かったんだと思うんですよ(笑)
 >テラーの汚染はもうちょっと分かりやすく、おどろおどろしいエフェクトかけてよかったんじゃないかなあとか。
召喚獣でCG予算を使い果たした疑惑……(おぃ)
 >エクストリームの説得力不足にも通じるのですが、映像上で補強していいはずの部分が微妙に淡白なのですよね。
初期フォームのマキシマムブレイクの方がむしろ派手だった感じがするのは、エクストリームのちょっとした謎ですね(笑) 剣と盾だと正統派すぎて、必殺技の遊びようも無かったのかもしれませんが。
◆aaさん
 >ムチと言い格好と言い、インディージョーンズがモデルなきがしてならないです
翔太郎がフィリップ・マーロウになりたいように、轟はインディ・ジョーンズになりたいというキャラだったのでしょうが、その辺りの対比と描写をしている暇が無かった為、単純に行動力と潜入能力が凄い人、になってしましましたね(^^; 物語が佳境に入る前だったら、面白いキャラになった気はするのですが。
 >理不尽に家族を失った事に耐えられず、「息子はただ死んだのではない。人類種が永遠に存在するために犠牲になったのだ」と
 >後付けの理由でムリヤリにでも自分を納得させようとしていた、とか
あ、なるほど。そうこうしている内に主客が逆転してしまったが、それだからこそ、在りし日の家族の姿にすがっている……と、それは格好いいですね。
◆wander_sheepさん
 >ジェットマンの感想楽しみに読みますね!
ありがとうございます。久々に改めて見るとまた発見があり、思った以上に面白く見ています。
 >次回予告がない理由はわかりませんが、以前の配信時も序盤はそうでした。
なるほど、何か、残っているフィルムの事情なのですかねー。予告が入るのも、楽しみに待ちたいと思います。
 >この第2話があったために、ジェットマンに関しては給与はどうなっているのか、ちょっとばかり気になってしまってます。
1話でアースシップと上層部が吹き飛んでしまいましたが、地球防衛軍の組織が残っていれば、一応、給料出ていそうな気はします。竜以外の4人は、契約社員という形で、諸々の許可が下りているのかな、と。
組織完全壊滅していて、小田切長官が1人で切り回していたら、無給で働く羽目になっていそうですが(笑) 長官と竜が無給で戦っていたら、ますますこう、アレですねぇ……(^^;