はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『Gレコ』補助テキスト:それでいったい何が起きているのか1(1〜6話)

『Gのレコンギスタ』、各エピソードで発生した主な出来事と、登場した各勢力・キャラクターの思惑や行動などを、ざっくりめにまとめてみました。筋をわかりやすくする目的の為、語句の説明などが前後している場合がありますが、ご了承下さい。軽い気持ちで始めたら思ったより物量が多くなったので、とりあえず、1〜6話まで(^^;
その2(7〜13話)→〔http://d.hatena.ne.jp/gms/20150203/p1〕
その3(14〜18話)→〔http://d.hatena.ne.jp/gms/20150211/p2〕
◆第1話「謎のモビルスーツ」◆
〔今回揉める人達:キャピタル・ガードvs宇宙海賊〕

◆第2話「G−セルフ 起動!」◆
〔今回揉める人達:キャピタル・ガードキャピタル・アーミィvs宇宙海賊〕

◆第3話「モンテーロの圧力」◆
〔今回揉める人達:キャピタル・ガードキャピタル・アーミィvs宇宙海賊〕

  • クンパ大佐、アーミィに難癖をつけ、G−セルフ、アイーダ、ラライヤの身柄を、調査部へと移す。
  • クンパ大佐にG−セルフの調査への協力を求められたベルリ、アイーダと口論となり、かつて人類が宇宙世紀に全滅しそうになった事が判明。
  • 「エネルギーと道具を道徳的に正しく使う事が出来なかった為に人類が全滅しかけた」という旧世紀を教訓にして、アブテックのタブーの制定により科学技術の進歩が制限され、エネルギー供給をキャピタル・タワーによって一元的に管理する事で、人類と地球環境の再生を進めているのが、リギルド・センチュリー
  • 海賊軍に所属する、アメリア大統領の息子にして脳天気なMS大好き男クリム・ニック(通称「天才」)、キャピタルは波状攻撃を想像していない筈、とアイーダとG−セルフを奪還する為、キャピタル・テリトリィを単独で強襲。
  • クンパ大佐のお膳立てによりアイーダはG−セルフを取り返し、成り行きで一緒に乗り込んだベルリ、ノレド、ラライヤを連れたまま、クリムのモンテーロと共にテリトリィを脱出。

◆第4話「カットシー乱舞」◆
〔今回揉める人達:宇宙海賊vsキャピタル・アーミィ(デレンセン部隊)〕

  • ベルリ、ノレド、ラライヤ、カリブ海の島に潜む宇宙海賊の母艦メガファウナへと同道する事になり、名目上の捕虜に。
  • ゴンドワンと大陸間戦争を行っているアメリアでは、「ヘルメスの薔薇の設計図」というタブー破りのロストテクノロジー宇宙世紀の発展した科学技術)に触れた文献が広まっており、次々と新たなMSが建造されていた。
  • クリムにもカーヒルにも動かせなかったG−セルフを扱えた事から、プライドを傷つけらられたクリムによってベルリはG−セルフに乗せられ、操縦してみせる事に。
  • アーミィの発言力強化の為にG−セルフを故意に逃がしたクンパ大佐の差し金により、キャピタル・アーミィはベルリ達の奪回を名目に、アーミィに配属されたデレンセン大尉の指揮下、宇宙海賊の潜伏先へと攻撃を仕掛ける。
  • カーヒル大尉を殺した事に負い目を感じるベルリは、ノレドとラライヤを守る為にも、戦闘を止めようとG−セルフで海賊に協力を申し出る。
  • 戦闘中、デレンセン大尉と接触に成功するベルリだが、クリムの横槍が入って交渉に失敗。
  • G−セルフは謎の能力を発揮してカットシー3機を撃退し、デレンセン部隊は撤退する。
  • クリム、G−セルフ(&ベルリ)を戦力として取り込もうと考える。
  • キャピタル・タワーを狙う、“宇宙からの脅威”が存在し、アメリアはその動向を注視している事、アーミィはそれに対抗する目的で設立された事が明かされる。

◆第5話「敵はキャピタル・アーミィ」◆
〔今回揉める人達:宇宙海賊vsキャピタル・アーミィ(マスク部隊)〕

  • 新型MSエルフ・ブルックを使いこなす為の補助装置(マスクのマスク)で顔を隠した、謎のパイロット、マスクが登場。
  • スコード教の教義(タブー)を重視するウィルミット長官と、タブー破りを推進するアーミィ&調査部との対立が明確化。
  • アメリア本国からの輸送部隊がメガファウナに到着し、新型MSヘカテーを操る女性パイロット、ミック・ジャックが顔見せ。
  • アメリアは新造の宇宙艦隊によるキャピタル・タワー占領計画を進めており、メガファウナはその本隊から目を逸らす陽動の為に弾道飛行で宇宙へ上がる事になるが、そこへマスク率いるアーミィの部隊が攻撃してくる。
  • 母(ガード)の職分を冒すアーミィに不信感を抱くベルリは、宇宙からの脅威やメガファウナアメリア軍)に関する内部からの情報収集、好意を抱くアイーダにいい所を見せたい、とりあえず戦闘に巻き込まれて何もしないまま死にたくない、などの様々な理由から戦闘への協力を申し出、ドニエル艦長からパイロットスーツを与えられてG−セルフで再び出撃する。
  • G−セルフがエルフ・ブルックを撃退し、マスク部隊は撤退。
  • 艦長の指示でベルリに礼を述べたアイーダは、カーヒルを殺した人間をねぎらわなくてはならなかった悔しさに、ひとり嗚咽する。
  • メガファウナ、弾道飛行(第一宇宙速度を突破しないので、宇宙空間に出てもいずれ地表に戻ってくる飛行)により宇宙へ。

◆第6話「強敵、デレンセン!」◆
〔今回揉める人達:宇宙海賊vsキャピタル・アーミィ(デレンセン&ジロンド部隊)〕

  • 徐々に横暴さを増していくアーミィのジュガン司令と、職分争いで険悪になっていくウィルミット長官。
  • デレンセンはベルリ救出作戦の為、試作MSエルフ・ブルで、アンダーナットから出撃する。
  • 地球からは、救出作戦の援護の為、ジロンド部隊が出撃。エフラグとブースターによる弾道飛行により高高度〜低軌道まで上がり、下方からメガファウナをつついて、その押し上げを図る。
  • 地球に向けて徐々に降下中のメガファウナは、アーミィの目を引きつける為、新兵器リフレクター・パックを装備させたG−セルフを低軌道において出撃させる。
  • その状況を利用したベルリは、超望遠でアメリアの宇宙艦隊の撮影に成功するが、その為にいちはやくエルフ・ブルと戦闘状態に陥ってしまう。
  • G−セルフの攻撃により、デレンセン戦死。
  • ベルリ、酷く落ち込む。
  • アイーダ、そんなベルリの事を多少ながら気遣う。
  • 陽動作戦を終えたメガファウナ、島へ帰還。

−−−−−
つづく。
その2(7〜13話)→〔http://d.hatena.ne.jp/gms/20150203/p1〕
その3(14〜18話)→〔http://d.hatena.ne.jp/gms/20150211/p2〕